Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

ASUS Chromebook Flip C213NAを分解しようとした結果

      2017/10/09


ASUS Chromebook Flip C213NAを購入して約1週間。手荒に扱っても支障ない堅牢なボディのおかげで気軽に使うことができるため、毎日使っています。堅牢性はC213NAを購入した最大の理由です。

そして、購入のもう1つの理由が、簡単に主要コンポーネントを交換できるという整備性の良さです。

これまで、MacBook AirのSSDやバッテリー交換、ThinkPad X250のSSDや液晶パネルの交換などノートPCの部品を交換してきました。
デスクトップPCに比べて部品交換が難しいノートPCの中にあって、MacBook AirやThinkPad Xシリーズは割と簡単に交換できる優れた製品なのですが、ASUSウェブサイトのC213の商品解説ページにある「簡単な4つステップで主要コンポーネントに到達し、メンテナンス可能」という表記を見て、試してみたいと思ったことが、購入を後押しした大きな理由の1つです。

With the fuss-free on-site maintenance, the total cost of ownership is not only minimized but downtime is kept at its lowest to allow the C213 to be back to the classroom in no time. 4 simple steps within minutes are what it takes to dismantle the key components in the device thus extending the refresh cycles. Modular components design also means the ability to reach what needs to be replaced without having to remove other parts.

Source : asus.com

そんなワケで、裏蓋開けてみましたよ。

スポンサードリンク

本体裏蓋開封の儀

では、Chromebook Flip C213NAの裏蓋を開けてみましょう。

C213NAの本体裏には、いかにもアクセスしやすそうな裏蓋があります。この裏蓋を開けるためには1本のネジを外す必要がありますが、なんの嫌がらせかシールが貼ってあります。内部にアクセスしたら保証なくなるシールです。これを剥してネジを外す必要があります。

はい、保証がなくなりました。

保証がなくなったところで、クルクルとネジを回してパカッと裏蓋を開けます。てっきり、この裏蓋からバッテリーやマザーボードにアクセスできるのかと思いきや、裏蓋を開けてもボディ底板でしっかりと守られています。

この状態ではマザーボードとバッテリー、ディスプレイ、インターフェイスに接続するケーブルのみを外すことしかできません。無線LANカード(Intel 7265NGW)だけは交換できる仕様でしたが、何この裏蓋。モジュール設計!部品交換まで4ステップ!といいながら、無駄な1ステップを踏まされた気がします。

内部の主要コンポーネントにアクセスするためには、結局通常のノートPCと同じように、本体底板をゴッソリ外す必要があるようです。

本体底板を外すためには、まず、底面外周部にある8本のネジと裏蓋を開ける1本のネジ…

さらに、裏蓋を開けてから確認できる6本のネジの計15本のネジを外す必要があります。普通のノートPCより多い…

しかも、底板が開くのではなく、キーボードトップが開く仕様でした。

Chromebookを1度でも使った人ならわかると思いますが、キーボードトップにアクセスするためにディスプレイ開けたらChromebookは起動してしまいます。このため、裏蓋を開けた段階で、バッテリーケーブルを外しておく必要があります。

で、ヘラを使ってキーボードトップの取り外しにかかったのですが、これが非常に堅く、ここで時間切れとなりました。

2017.10.9追記

YoutubeにC213の分解動画が掲載されていたので紹介します。どこがどう4ステップなんだ?1ステップの幅が広すぎ

まとめ

時間がなかったこともあって、今回は一旦あきらめましたが、時間があっても開けたいとは思いません。YouTubeの動画を見て、一層面倒に。

「4ステップで主要コンポーネントにアクセス」と聞いて分解しやすそうと胸をときめかせて購入しましたが、よく考えると、MacBook AirもThinkPad X250も (1)ネジを外す、(2)ボディ底板を開ける の2ステップで主要コンポーネントにアクセスできてたわw ワロタ、ワロ…

簡単に分解できないなら、別のモデルを買えば良かったよ

 - ASUS Chromebook Flip C213NA, Chromebook, Chromebook レビュー

         

  おすすめトピック

         

  関連記事

Samsung Chromebook Plusで新機能Crostiniを使ってLinux仮想マシンを試してみた

Chromebook上でLinux仮想マシンを実行する機能 Crostini(ク …

Chromeタブを指定の時間に開く拡張機能「TAB SNOOZE」が便利 ― WEBサイト巡回やToDo管理に

あとで見たい、毎日あるいは週末に見たいサイトを、ブラウザのブックマーク機能のほか …

ChromeOSでのAndroidアプリのCPUとメモリ使用状況 ― Chromebook flipの場合

Chromebook flipでAndroidアプリを動作させた時のCPUとメモ …

Chromebook対応USB Type-C ハブ「RDII C071」を買いました ― 購入レビュー

2017年に5台のChromebookを購入しました。2017年1月のASUS …

Chromebookでゲーミングマウス「Logicool G300s」を多機能マウスとして試す

ゲーミングマウスと聞くとゲーマー向け商品のように思いますよね。無駄にメカニカルな …

Chromebook 国内モデルを比較してみた(2015年4月時点)

Chromebookを買おうと思い、どの端末が良いのか比較してみました。国内で販 …

フルHDディスプレイ搭載のChromebookの比較

これまでのChromebookは、コストダウンのため視野角が狭い液晶ディスプレイ …

Chrome拡張機能「crouton integration」を無効化する方法

croutonを利用してインストールしたUbuntuやDebian、Kaliをc …

【更新】ChromebookのAndroidアプリ対応状況まとめ― GooglePlayストアの取得方法

コメント欄にChromebookのAndroidアプリ対応状況について質問があっ …

Chromebookで視聴できる動画配信サイト一覧 ― Netflix、Amazonプライムビデオほか

NetflixやAmazonプライムビデオのサービス開始に伴い、VOD(ビデオ・ …

Comment

  1. chamo より:

    spudger(ヘラ)で開けられないでしょうか?
    同構造のc202の分解動画を見た限りでは、chromesokuさんでしたら、簡単にできると思います。しかし、メーカーの説明は酷いですね。「数分で」分解できるわけないでしょう。iFixitさん向けに書いた説明かもしれませんね。

    • chromesoku より:

      >chamoさん

      情報ありがとうございます。
      ヘラ使ったんですが、結構堅かったんですよね。
      時間がなかったというのもあるので、もう少し丁寧にすれば開いたのかもしれません。

  2. taka より:

    Youtubeに出ていますが、バッテリなどのケーブル外すのが先です。
    https://www.youtube.com/watch?v=w8-98853to4

    • chromesoku より:

      >takaさん

      情報ありがとうございます。
      今回は全部バラすつもりはなく、中を除きたかっただけなので、ケーブル類をそのままでアクセスを試みましたが、冷静に考えると、バッテリーケーブルだけは取り外しておくべきでしたね。
      記事を修正させて頂きました。ありがとうございます。

  3. nns より:

    組み立て工賃圧縮しようとして設計ミスした感じw
    これは失敗作でしょう…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です