Chromebook 使い方・豆知識

ChromebookにMetaTrader4をインストールする方法

投稿日:2015年4月27日 更新日:

2201556800_d6460dc78c_o

モバイルPCを購入する動機が外出時のトレード環境を確保するためという人は、ソコソコいると思います。

僕もそのために8インチWindowsタブレットを買いました。でも、キーボードとマウスがないとトレードしにくかったので、結局使わず仕舞いで埃を被っています。

Chromebookにはキーボードもタッチパッドも付いてるし、FXトレード環境を構築するためにMetaTrader4をブチ込んでやりますよ。

photo credit: aizat_subgrenadier, on Flickr

スポンサードリンク

ChromebookへのMetaTrader4のインストール手順

前のエントリーでChromebookにUbuntuをインストールする方法を書きました。今回のMetaTrader4のインストールは、Chromebookに仮想環境で構築したUbuntu上で行うので、Ubuntu環境が構築されていることが前提となります。

1. Wineの導入

まず、Chromebookに仮想環境で構築したUbuntuに、Windowsアプリケーションをネイティブ動作させるプログラムWineをインストールします。

Wineとは

Wine (ワイン)は、オープンソースWindows API 実装を通じて、主としてx86アーキテクチャ上のUnix系オペレーティングシステム (OS) においてWindowsアプリケーションをネイティブ動作させることを目標とするプログラム群である。

(中略)

名称は、もともとは頭字語であることを意識して、大文字でWINEと表記していたことがあったが、現在はWineと表記するのが正式である[2]。"WINdows Emulator" に由来すると説明されることもあるが、Wine Is Not an Emulator に由来するという、一見してジョークとも取れる、前者とは矛盾する説明がなされることもあり、これは技術的理由による。(略)

ライセンスにLGPLを採用している[3]フリーソフトウェアである。(略)

Wikipedia

まず、Chromebookをデベロッパーモードで起動したら、[Ctrl] + [Alt] + [T]キーを同時入力しターミナルを起動します。
ターミナル画面が表示されたら、「crosh > 」に続いて次のように入力します。

Croutonを利用してUbuntuをインストール出来ていれば、Ubuntuが起動するはずです。

※Ubuntuをインストールした以降に、デベロッパーモードではなく、通常モードで一度でもChromebookを起動してしまうとUbuntuの環境は飛びますので、ご注意を。

Ubuntuが起動したら、再度[Ctrl] + [Alt] + [T]キーを同時入力しUbuntuのターミナルを起動します。起動したら次のように入力し、[ENTER]キーを入力します。

metatrader4_install1

Wineのインスト−ルが始まります。

途中、Fontのインストールを聞いてくることがあります。[Tab]キーで<了解>を選択し、[ENTER]キーを入力。その後の画面でも[はい]を選択します。

metatrader4_install2

インストールが進み、「(trusty)user@localhost:~$」と表示されればWineのインスト−ルは完了です。

metatrader4_install3

左側のランチャーの「Ubuntuソフトウェアセンター」の未分類に「Wine windows Program Loader」が表示されれば、インストールが完了しています。

metatrader4_install5

2. MetaTrader4のインストール

続いてMetaTrader4をインストールします。

MetaTraderのダウンロードは、利用しているFXブローカーから適当にダウンロードしてください(今回はFXDDからダウンロードしました)。

左側ランチャーからブラウザ「firefox」を起動します。

FXDDダウンロードセンター(http://www.fxdd.com/mt/jp/software/downloads/)にアクセスし、MetaTrader4 Desktopをクリックします。

metatrader4_install6

ファイルをダウンロードフォルダに保存します。

metatrader4_install7

左側ランチャーからダウンロードフォルダを開くと、MetaTrader4のインストーラーが保存されているはずです。

アイコンを右クリックし表示されるメニューから「別のアプリで開く > wine windowsプログラムローダー」を選択し、クリックします。

metatrader4_install8

Wineが起動し、MetaTrader4のインストールが始まります。

metatrader4_install9

ここからは、MetaTrader4をインストールしたことがある人なら見慣れた画面遷移。MetaTrader4セットアップの最初の画面が表示されるので、「ライセンス条項に同意」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。

metatrader4_install10

後はセットアップに従うだけでインストールは完了です。インストールが完了すると、MetaTrader4のアイコンがデスクトップ上に表示されます。

metatrader4_install11

アイコンをダブルクリックし、試しに起動してみると、無事起動しました。

metatrader4_install12

Liveアカウントでログインしてみましたが、Windows環境と同じです。ちょっとフォントに癖があるぐらいで、トレンドラインは普通に引けるし、インジケーターも動きます。

※すべてのインジケーターを試したわけではありません。僕はMAしか使わないので。

metatrader4_install13

まとめ

Chromebookに仮想環境でインストールしたUbuntu上で、wineを利用してMetaTrader4をネイティブ動作させるというややこしいことになっていますが、特に問題なく動きます。キーボードもタッチパッドもない8インチWindowsタブレットで操作するよりも快適にトレードできます。

ただ、ここまでしてMetaTrader4を使いたいなら、「Windowsモバイルノート買えよ」とツッコまれそうですね。MetaTrader4はもともと軽いアプリケーションなんで、Chromebookと同じ価格帯(3万円前後)のWindowsモバイルノートでも十分動きますから。

-Chromebook, 使い方・豆知識

Copyright© Chrome速報 , 2019 All Rights Reserved.