Chromebook

Chromebookの搭載CPUベンチマーク一覧

投稿日:

軽量LinuxディストリビューションのChromeOSは高いCPUパワーを必要としません。このため、Chromebookを選ぶ時は、WindowsPCやMacを選ぶ時ほどCPUを気にする必要はありません。

でも、同じ価格で買うのであれば、やっぱり性能が良い方がイイですよね。そこでChromebookに搭載されているCPUのベンチマーク値を整理してみましたよ。

スポンサードリンク

ベンチマーク結果一覧

Chromebookに搭載されているCPUのベンチマークは次のとおり。値が高い方が高性能です。

機種CPU modelGoogle
Octane2.0
PassMarkGeekBench3D Mark
Acer
Chromebook C720
Intel
Celeron 2955U
1.40GHZ
14692490
Acer
CB3-111-H14M
Intel
Celeron N2840
2.16GHz
10681510
Acer
Chromebook R11
Intel
Celeron N3150
1.6GHz
13332053
Acer
Chromebook
CB5-311-H14N
NVIDIA
Terga K1
2.1GHz
ASUS
Chromebook C200MA
Intel
Celeron N2830
2.16GHz
9991648
ASUS
Chromebook C300MA
Intel
Celeron N2830
2.16GHz
74239991648
ASUS
Chromebook flip
Rockchip
RK3288C
1.8GHz
ASUS
Chromebit CS10
Rockchip
RK3288C
1.8GHz
7365
Dell
Chromebook 11
(2014)
Intel
Celeron 2955U
1.40GHz
1201414692490
Dell
Chromebook 11
(2015)
Intel
Celeron N2840
1.40GHz
10681510
Toshiba
Chromebook2
CB35-B3330
CB35-B3340
Intel
Celeron N2840
2.16GHz
10681510
  • PassMarkの値はcpubenchmark.netのAverage値
  • GeekBenchと3DMarkの値はCPU Bossの値
  • ARM系CPUのデータはテストデータがないため未掲載

まとめ

僕が使っているASUS Chromebook C300MAのCPUは、現在販売されている国内モデルに搭載されているIntel CPUの中では一番性能が低いCeleron N2830です。それでも、Chromeブラウザはサクサク動きますし、デュアルブートしているUbuntuの操作もストレスなく動きます。

ただし、Chromeブラウザのウィンドウ内でUbuntu画面を操作できるChrome拡張機能「crouton integration」を使うのはN2830では厳しかったので、使いたい人はCeleron 2955U搭載モデルが良いでしょうね。

-Chromebook

Copyright© Chrome速報 , 2019 All Rights Reserved.