Chromebook おすすめChrome拡張機能・アプリ

ChromebookでRAW画像を現像できるアプリ「Polarr Photo Editor3」がすばらしい

投稿日:

Polarr-Photo-Editor-00
Chromeアプリ・拡張機能には写真加工・補正アプリがたくさんあります。それらが扱うことができるファイル形式は、JPEGやPNG、GIFといったWEB上でよく使われるフォーマットです。

ChromebookはWEBブラウザでの使用が前提なので当たり前。PhotoShopのように光学センサーの生データを処理(RAW現像)できる機能は期待できません。

と思っていたら、RAW現像できるChromeアプリがあったので紹介します。

スポンサードリンク

Chromeアプリ「Polarr Photo Editor 3」のインストール

RAW現像できる写真補正アプリは「Polarr Photo Editor 3」というアプリです。

Polarr Photo Editor 3 ― Chromeウェブストア

Chromeウェブストアにアクセスしたら、青色ボタン「CHROMEに追加」をクリックします。

Polarr-Photo-Editor-01

このアプリに許可する権限は「アプリケーションで開いたファイルとフォルダに書き込む」だけ。特に問題ないので、「アプリを追加」をクリックします。

Polarr-Photo-Editor-02
これでインストールは終わり。

「Polarr Photo Editor 3」の使用

インストールできたら、アプリランチャーにある「Polarr」アイコンをクリックして起動します。写真補正アプリなので容量が大きいのかと思ったら、あっという間に起動する軽量なアプリです。

Polarr-Photo-Editor-03

画面左側には定型フィルターが36種類あって、選択すると瞬時にフィルターを適用してくれます。

Polarr-Photo-Editor-08

また、画面右側にある「カラー」や「光」などのメニューをクリックすると「色温度」や「コントラスト」、「ハイライト」等の調整機能やRGBカーブツールが表示され、写真を細かく補正することができます。

Polarr-Photo-Editor-09

試しにカメラで撮影したRAW写真(.dng)を、左上のメニューからインポートしてみました。

Polarr-Photo-Editor-11

…が、インポートできませんでした。

Polarr-Photo-Editor-06

注意書きを確認するとRAWのサポートは実験的なもののようで、すべてのRAWファイル(拡張子 .cr2, .raf, .nef など)を開くことができるわけではないようです。

ちょっと残念ですが、jpeg画像をインポートしました。

定型フィルターの1つ「明確な」をかけてみると、ボケた写真をクリアにしてくれました。

Polarr-Photo-Editor-07

まとめ

無料ツールでこれだけ写真補正できてしまうとはすばらしいですね。「Pixlr Editor」とコレがあれば、一般的な写真加工・補正に必要な機能を満たしてしまうでしょう。

あとはRAW画像の完全なサポートを待つ!

-Chromebook, おすすめChrome拡張機能・アプリ

Copyright© Chrome速報 , 2019 All Rights Reserved.