Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

Acerからハイパフォーマンス・モデル「Acer Chromebook Spin 13」がリリースされました

      2018/10/18


2018年5月24日0時(東京時間)から開催されたグローバル・プレス・カンファレンス next@Acerにて、昨日の記事に書いたChromebook Spin 15を含め、計4つのChromebookニューモデルが発表されました。

その中でもパワフルな第8世代 Intel Coreプロセッサ「Core i5-8250U」を搭載する「Acer Chromebook Spin 13」の高性能ぶりが期待できそうなので、情報をまとめておきます。

Acer Chromebook Spin 13 CP713の概要

Acer Chromebook Spin 13は、同社のSpin 11やR13と同様に360°回転ヒンジを備え、ラップトップからテント・モード、タブレット・モードなどに切り替えて使えるコンバーチブル・モデルです。販売価格や時期については、現時点で不明(未定)となっています。

このモデルの特徴の1つは、他の多くのChromebookに搭載されているアスペクト比16:9のディスプレイではなく、垂直方向に約18%広いアスペクト比3:2の13.5インチディスプレイが搭載されている点です。解像度は、Samsung Chromebook Pro/Plusの2,400×1,600に及ばないものの、2,256×1,504の高解像度となっており、広領域の表示又は緻密な表示が期待できます。

また、搭載メモリとストレージは、Chromebookとしては大容量といえる最大16GB / 128GBのモデルが準備されているようです。これは、今後のChromeOSのロードマップ上にあるLinux仮想マシン(VM)が稼働するコンテナの実装(ソース:Reddit)などを見据えてのことでしょう。

パワフルなCPU

そして、最大の特徴といえるのが、パワフルな第8世代 Intel Coreプロセッサ 「Core i5-8250U」、「Core i3-8130U」を搭載している点です。

Core i3-8130Uは2コア/4スレッドですが、Core i5-8250Uは4コア/8スレッドと、つい最近までデスクトップ版CPUにしか備わっていなかった性能を有しています。いずれのCPUも、Google謹製Pixelbookに搭載されているCore i7-7Y75(2コア/4スレッド)を大きく引き離す処理能力を備えています。

CPUベンチマークの比較

PassmarkのCPUベンチマークの比較を見ると、i7-7Y75に対してi5-8250Uは約2倍、i3-8130Uは約1.4倍のスコアを示しています。シングルスレッド性能でも約3割高速です。これほど高性能なCPUを搭載したChromebookは、Chromeboxを含めこれまでの製品にはありません。

一方、省電力性能ではPixelbookに搭載されているi7-7Y75がTDP4.5Wと優れています。ただし、i5-8250U、i3-8130Uを搭載するAcer Chromebook Spin 13についてもバッテリー駆動時間は10時間確保されているため、実用上支障はないはずです。

(スペック概要)

  • CPU:Intel Core i3-8130U / i5-8250U
  • RAM:最大16GB
  • ストレージ:最大128GB eMMC
  • スクリーン:13.5インチ・FHD+(2,256✕1,504)IPS液晶
  • タッチパネル機能:あり
  • 入力装置:Wacom EMRスタイラス
  • インターフェイス:USB3.1 type-C、USB3.0 type-A、microSDカードリーダー
  • ネットワーク:802.11ac、Bluetooth 4.2
  • バッテリー駆動時間:10時間
  • 寸法:不詳
  • 重量:不詳

日本国内での販売(2018.8.10追記)

日本語キーボードを希望する人やサポートを気にする人にとって、日本国内での販売は気になるところでしょう。

日本語キーボードが搭載されるかどうかはまだわかりませんが、国内での取り扱いはあるようです。日本エイサーのWEBサイトにSpin 13のページが準備されています。

(参考)Chromebook Spin 13  New Product Acer

まとめ

Acer Chromebook Spin 13は、間違いなく、Chromebook史上最も高性能なモデルといえます。2018年4月記事「後悔しないChromebook選び 2018」でこう書きました。

今後も、Googleアシスタントへの対応(ソース:xda developers)やLinux仮想マシン(VM)が稼働するコンテナの実装(ソース:Reddit)など一層肥大化していくことでしょう。このため、Chromebookを快適に使い続けるためには、強力なCPU、より多くのRAMとストレージ容量が求められていくはずです。

まさに、ChromeOSの進化に合わせて作られたようなモデル。最速Chromebookであることに疑う余地はありません。

ヘタすると起動時間3秒かもしれん!

Source:Acer Press release

2018.10.18追記

米Amazonでの取り扱いが開始されました。

 - Acer Chromebook Spin 13, Chromebook, ニュース

         

  おすすめトピック

         

  関連記事

Chromebookを有線LANに接続する

いまどき無線LANがない環境は稀だと思いますが、企業によってはセキュリティ上の理 …

Chromebookの「Hulu字幕文字化け問題」が解決できない件

高画質なディスプレイを備えていないクロームブックで有料動画配信サービスを視聴する …

Chromebookでメディアサーバーにアクセスする方法 ― Plex編

自宅にNASなどメディアサーバーを所有しているChromebookユーザーは多い …

SSDを換装できるChromebook一覧

Chromebookのほとんどの機種の記憶装置は、マザーボードに直付されたeMM …

Chromebook リカバリメディアの作り方

ASUS Chromebook C300MAが到着して、真っ先にリカバリメディア …

Chromebook 日本国内モデルの比較(2015年10月現在)

本日(2015年10月3日)、ASUSがChromebook flipの日本国内 …

Chromebookで視聴できる動画配信サイト一覧 ― Netflix、Amazonプライムビデオほか

NetflixやAmazonプライムビデオのサービス開始に伴い、VOD(ビデオ・ …

後悔しないChromebook選び 2018

2018年もいつの間にか4月になりました。今年も、ChromeOS初のタブレット …

LenovoからハイスペックChromebook「ThinkPad 13 Chromebook」が 6月に登場するみたい

CNETやAndroidCentralなど複数の海外メディアが、Lenovoがハ …

ChromebookのGoogleDrive特典を受け取る方法

Chromebook購入特典を受け取ることを忘れていました。 購入したChrom …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です