Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

Acerからハイパフォーマンス・モデル「Acer Chromebook Spin 13」がリリースされました

      2018/08/12


2018年5月24日0時(東京時間)から開催されたグローバル・プレス・カンファレンス next@Acerにて、昨日の記事に書いたChromebook Spin 15を含め、計4つのChromebookニューモデルが発表されました。

その中でもパワフルな第8世代 Intel Coreプロセッサ「Core i5-8250U」を搭載する「Acer Chromebook Spin 13」の高性能ぶりが期待できそうなので、情報をまとめておきます。

Acer Chromebook Spin 13 CP713の概要

Acer Chromebook Spin 13は、同社のSpin 11やR13と同様に360°回転ヒンジを備え、ラップトップからテント・モード、タブレット・モードなどに切り替えて使えるコンバーチブル・モデルです。販売価格や時期については、現時点で不明(未定)となっています。

このモデルの特徴の1つは、他の多くのChromebookに搭載されているアスペクト比16:9のディスプレイではなく、垂直方向に約18%広いアスペクト比3:2の13.5インチディスプレイが搭載されている点です。解像度は、Samsung Chromebook Pro/Plusの2,400×1,600に及ばないものの、2,256×1,504の高解像度となっており、広領域の表示又は緻密な表示が期待できます。

また、搭載メモリとストレージは、Chromebookとしては大容量といえる最大16GB / 128GBのモデルが準備されているようです。これは、今後のChromeOSのロードマップ上にあるLinux仮想マシン(VM)が稼働するコンテナの実装(ソース:Reddit)などを見据えてのことでしょう。

パワフルなCPU

そして、最大の特徴といえるのが、パワフルな第8世代 Intel Coreプロセッサ 「Core i5-8250U」、「Core i3-8130U」を搭載している点です。

Core i3-8130Uは2コア/4スレッドですが、Core i5-8250Uは4コア/8スレッドと、つい最近までデスクトップ版CPUにしか備わっていなかった性能を有しています。いずれのCPUも、Google謹製Pixelbookに搭載されているCore i7-7Y75(2コア/4スレッド)を大きく引き離す処理能力を備えています。

CPUベンチマークの比較

PassmarkのCPUベンチマークの比較を見ると、i7-7Y75に対してi5-8250Uは約2倍、i3-8130Uは約1.4倍のスコアを示しています。シングルスレッド性能でも約3割高速です。これほど高性能なCPUを搭載したChromebookは、Chromeboxを含めこれまでの製品にはありません。

一方、省電力性能ではPixelbookに搭載されているi7-7Y75がTDP4.5Wと優れています。ただし、i5-8250U、i3-8130Uを搭載するAcer Chromebook Spin 13についてもバッテリー駆動時間は10時間確保されているため、実用上支障はないはずです。

(スペック概要)

  • CPU:Intel Core i3-8130U / i5-8250U
  • RAM:最大16GB
  • ストレージ:最大128GB eMMC
  • スクリーン:13.5インチ・FHD+(2,256✕1,504)IPS液晶
  • タッチパネル機能:あり
  • 入力装置:Wacom EMRスタイラス
  • インターフェイス:USB3.1 type-C、USB3.0 type-A、microSDカードリーダー
  • ネットワーク:802.11ac、Bluetooth 4.2
  • バッテリー駆動時間:10時間
  • 寸法:不詳
  • 重量:不詳

日本国内での販売(2018.8.10追記)

日本語キーボードを希望する人やサポートを気にする人にとって、日本国内での販売は気になるところでしょう。

日本語キーボードが搭載されるかどうかはまだわかりませんが、国内での取り扱いはあるようです。日本エイサーのWEBサイトにSpin 13のページが準備されています。

(参考)Chromebook Spin 13  New Product Acer

まとめ

Acer Chromebook Spin 13は、間違いなく、Chromebook史上最も高性能なモデルといえます。2018年4月記事「後悔しないChromebook選び 2018」でこう書きました。

今後も、Googleアシスタントへの対応(ソース:xda developers)やLinux仮想マシン(VM)が稼働するコンテナの実装(ソース:Reddit)など一層肥大化していくことでしょう。このため、Chromebookを快適に使い続けるためには、強力なCPU、より多くのRAMとストレージ容量が求められていくはずです。

まさに、ChromeOSの進化に合わせて作られたようなモデル。最速Chromebookであることに疑う余地はありません。

ヘタすると起動時間3秒かもしれん!

Source:Acer Press release

 - Acer Chromebook Spin 13, Chromebook, ニュース

         

  おすすめトピック

         

  関連記事

Chromebook 日本国内モデルの比較(2015年10月現在)

本日(2015年10月3日)、ASUSがChromebook flipの日本国内 …

Samsung Chromebook Plusで新機能Crostiniを使ってLinux仮想マシンを試してみた

Chromebook上でLinux仮想マシンを実行する機能 Crostini(ク …

まもなくDell Chromebook 11ニューモデルが登場。新旧モデルの比較

AmazonにDell Chromebook11の新モデルが掲載されています。2 …

Chromebookのデータ通信量の目安

Chromebookはブラウザ専用機なので、機能をすべて使うためにはオンラインが …

Chromebook 日本国内向け 2017年モデル まとめ

2017年夏から秋にかけて日本国内向けに数モデルのChromebookが発売され …

ChromebookでRAW画像を現像できるアプリ「Polarr Photo Editor3」がすばらしい

Chromeアプリ・拡張機能には写真加工・補正アプリがたくさんあります。それらが …

ChromebookのFile Systemへの書込み制限を解除する方法 ― Write-Protect-Screwの外し方 C300MA編

Chromebookにはセキュリティ対策の一つとしてファイルシステムへの書込みを …

ASUS Chromebook Flip C101PA を買いました ― 購入レビュー

2017年10月30日に発売が予定されているニューモデル「ASUS Chrome …

ファイルマネージャーにDropboxやOneDriveをマウントできるChromeアプリ「File System for ChromeOS」がすばらしい!

Chromebookは基本的にデータ管理をクラウドで行うように設計されています。 …

Acer Chromebook C720のSSD換装 ― Transcend MTS400 128GB

Acer Chromebook C720をせっかく購入したので、このモデルでしか …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です