Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

【2017年ニューモデル】ASUS Chromebook Flip C302CAを買いました ー 購入レビュー

      2017/02/12


CES2017で正式にリリースされたChromebookのニューモデル「ASUS Chromebook Flip C302CA」を購入しました。米Amazon.comで「在庫なし」の状態が続いていますが、B&Hと双璧を成すNYのカメラ店「Adorama Camera」がAmazonマーケットプレイスに10台だけ出品していたので、すかさずポチりました。1月10日に注文して、1月13日に到着。

Adorama Camera 仕事はやっ!

まだ、使い込んでいませんが、開封して少し動かしてみた時点でのレビューを書きます。

スポンサードリンク

ASUS Chromebook Flip C302CAの基本情報

レビューの前にASUS Chromebook Flip C302CAの基本情報の確認です。

このモデルは年初に開催されたエレクトロニクス・ショーCES2017で正式リリースされたChromebookの1つで、

  1. Chromebookとしては高性能なCPU Intel Core M (6Y30 or 6Y75)を搭載
  2. 12.5インチのタッチ機能付きFHD(1,920×1,080)液晶を搭載
  3. メモリ容量4GB、ストレージ容量64GB

などChromebookとしては高性能モデルです。また、価格も499$〜と高価格帯になっています。

(基本スペック)

  • CPU:Intel Core M 6Y30 / 6Y75
  • RAM:4GB / 8GB
  • ストレージ:32GB / 64GB / 128GB eMMC
  • ディスプレイ:12.5インチ グレア液晶(1,920×1,080) タッチ機能付
  • ネットワーク:IEEE 802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth V4.2
  • インターフェイス:USB3.1 Type-C×2, microSDカードリーダー, オーディオ・ジャック
  • バッテリー駆動時間:10時間
  • 寸法:W304 mm × D210 mm × H13.7 mm
  • 重量:1.2kg

開封レビュー

それでは開封して、実機を見ていきます。

ASUS Chromebook Flip C302CAの同封品は、他のChromebookと同じく、本体とACアダプター、取扱説明書類のシンプルなものです。

本体はつや消し処理されたアルミニウム製ボディです。見た目はMacBookのようなつや消し具合ですが、表面はもう少しサラサラした手触りになっています。10.1インチモデルのFlip C100PAのモニター蓋と概ね同じ質感ですが、C302CAのボディの方がエッジが立ったデザインをしているので、見た目の印象はスッキリしています。

なお、ACアダプタは100-240V 50-60Hz 1.2A の容量で、接続端子は二又電源プラグとUSB Type-Cになっています。

実機に触れた最初の印象は、思っていたより薄いなというものです。10.1インチモデルのFlip C100PAよりも薄いので当然かもしれません。

ボディサイズ

ボディサイズも思っていたとおり、11.6インチモデルと然程変わりませんでした。僕は、持ち運びしやすさを重視して11.6インチモデルのChromebookを選んできましたが、これなら気にならず持ち運べそうです。

11.6インチモデル Acer Chromebook R11との比較

10.1インチモデル ASUS Chromebook Flip C100PA との比較

さすがに10.1インチモデルは小さい。

13.3インチモデル ASUS Chromebook C300MA との比較

13.3インチモデルはデカイ。モバイル用途なら12.5インチモデルの方が適しています。

キーボード

キーボードは標準的なキーピッチで、キーストロークも薄型ノートPCとしては十分確保されています。キータッチは「カチカチ」でも「カチャカチャ」というものではなく、もう少しソフトな感触のものです。この辺は好みの問題ですが、僕は同じASUS製ChromebookのC300MAやC100PA(10.1インチFlip)よりも打ちやすくて気に入っています。

C300MAの時に気になったキーボード天板の剛性不足はありません。もちろん、わざと強い力で押さえれば、キーボード中央がしなりますが、通常使用ではしなることはありません。

入力端子

ボディ右側には、USB Type-C端子が1つ、MicroSDカードスロットがあります。


ボディ左側はUSB Type-Cが1つ、ボリューム調整ボタン、電源スイッチ、オーディオプラグ、スピーカーが配置されています。

充電は、左右どちらのUSB Type-C端子からでも可能です。

ディスプレイ

このモデルの1つの特徴がタッチ機能を搭載したフルHD液晶です。Chromebookは安価であるため、フルHD液晶を搭載していても色域が狭いモノがあると聞いていましたが、このモデルは自然な発色で美しいディスプレイをしています。

ASUS公式によると、搭載されている液晶の色域はNTSC 45%(sRGBはNTSCの72%の色域しかない)です。ディスプレイの色域にこだわりのある人は、13.3インチモデルのASUS Chromebook C301SA(NTSC 72%、sRGB 100%)を選択した方が良いかもしれません。

なお、出荷時点では1,536×864の解像度にスケーリングされています。最大で解像度2,400×1,350の表示が可能ですが、12.5インチ液晶ではかなり厳しい解像度です。僕は1,536×864の解像度が一番快適に感じます。

処理能力(CPU)

購入したモデルはIntel Core M 6Y30を搭載しています。これがスコブル快適です。まだ少ししか使っていませんが、Pixlr Editorで画像編集しても引っかかることは1つもありません。重いウェブサイトを開いたところで、フリーズしたり、ブラウザが落ちることもありません。

処理能力だけで言えば、U系Celeronを搭載しているAcer Chromebook C720やDell Chromebook 11(2014)も快適でしたが、Intel Core Mはファンレスであるため、高負荷時でも無音で一層快適です。

現時点ではGooglePlayストアが未対応であるため、この処理能力がAndroidアプリの動作上どれほど好影響を与えるかわかりませんが、期待大です。

ちなみに、ブラウザのJavascriptベンチマークであるGoogle Octane2.0のスコアは「22799」でした。N系Celeronを搭載している一般的なChromebookのスコアは7000台なので、3倍以上のスコアになります。

GooglePlayストア

2017年1月14日現在、StableチャンネルでのGooglePlayストアは未対応です。取得方法もありますが、試していません。

2017.2.11追記

2017年2月11日、ChromeOSのStableチャンネルにおいて、OS56にアップデートされたことに伴い、GooglePlayストアとAndroidアプリの利用が可能となりました。Chromebookとしては高性能なCore Mを搭載しているため、アプリの動作は非常にスムーズです。

気になる点

全体的に満足度が非常に高いのですが、気になる点が2つあります。

1.ボディ剛性

1つ目はボディの剛性です。モニター蓋の2本の開閉ヒンジに挟まれたボディ側の剛性が少し弱いようです。2本のヒンジで接続するタイプのノートPCの場合、2本のヒンジに挟まれたモニター側の部分が弱いモノはよくありますが、このモデルは本体の厚みが薄いだけに、ボディ側も強い力で押さえつけると結構しなります。

通常利用には問題はありませんが、例えば、混雑する電車内で強い力が1点に加わると少し不安を感じます。

2.入力端子

USBメモリでリカバリメディアを作ろうとして気が付きました。USB端子がType-Cしかない。SDカードスロットも標準サイズではなく、MicroSDです。

規格が新しくなっていくのは仕方ありませんが、1つくらい旧型USB端子を付けて欲しかった。USB Type-Cのメモリを買わなければ。

まとめ

Chromebookとしては高価格モデルであるだけに、いままでの購入したChromebook(今回6台目)のなかで一番快適に使えています。その快適さは、処理能力やディスプレイの解像度だけでなく、ボディやキーボードの質感によるところもあります。

この快適さをWindowsやMacで手に入れようとすると、倍以上のお金が必要になるでしょう。だから「ブラウザしか使っていないのに、なぜかMacBook ProやSurface Proを持っている」系の人には強烈にオススメできるモデルです。

もう安物のChromebookには戻れんな…

 - ASUS Chromebook Flip C302CA, Chromebook, Chromebook レビュー

  関連記事

ChromebookにXubuntuをインストールする方法

先日、ChromebookにインストールしているUbuntuがフリーズしてしまし …

【続報】ASUS Chromebook C301SAのスペックほか【64GBモデルあり】

2016年5月28日のエントリーでお伝えしたASUS Chromebook C3 …

フルHDディスプレイ搭載のChromebookの比較

これまでのChromebookは、コストダウンのため視野角が狭い液晶ディスプレイ …

Chromebookをデベロッパーモードにする方法

Chromebookに搭載されているChromeOSは対立する2つの要件 − ( …

SSDを換装できるChromebook一覧

Chromebookのほとんどの機種の記憶装置は、マザーボードに直付されたeMM …

ChromebookにUbuntuをインストールする方法

Javaで動作するアプリケーション(ProRealTimeチャート)をChrom …

デュアルブートしたUbuntuの動作を軽快にする小技

「Crouton」を使ってデュアルブートしたUbuntuを使っていると、動作が遅 …

Chromebook C300ma用にケースを買って失敗した話

いやー、見事に失敗しました。 Chromebook C300maを購入して以来、 …

【続報】Acer Chromebook 14(CB3-431)のスペックほか

2016年3月20日のエントリーでお伝えしたAcerのChromebookニュー …

Chromebookで遊べる戦車(TANK)ゲーム

ガールズ&パンツァーが軽いブームですね。映画に行く前にAmazonプライムビデオ …

Comment

  1. ゴヤット より:

    ASUS Chromebook Flip C302の鮮度があまり高くまいというコメントが海外であるのですが、実際カフェなどで使う場合に問題などあるでしょうか。

    画面が暗いとか。

    もし問題がなければ、購入も検討しています。

    • chromesoku より:

      >ゴヤットさん

      どの程度のディスプレイの彩度を望まれているのかわかりませんが、ブラウジングだけでなく軽い写真加工にも十分耐えられるディスプレイだと思います。
      ただ、アンチグレア液晶ではないため映り込みは結構あります。映り込みが気になるのであれば、反射防止フィルムを貼ることをおすすめします。

      • ゴヤット より:

        有難うございます。主にブログ専用のPCとして使おうと思っています。稼働時間が10時間と書いててあるのですが、実際はどんな感じでしょうか。9時間ぐらいはバッテリーが持ちますでしょうか。

        反射防止フィルムは、必要であると思いますのでそれも購入する予定です。今、Acer Chromebook 14 for Workのi3も候補にしていますが、重さが気になっています。

        あと、Chromebook Proが販売された時にASUS Chromebook Flip C302の価格が下がるかどうかで見極めようと思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です