Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

続・「ASUS Chromebit CS10」購入レビュー ― 動画視聴編

      2017/01/04

chromebit-cs10
先日、開封レビューした「ASUS Chromebit CS10」をもう少し使ってみたのでレビュー続編を書く。

スポンサードリンク

動画視聴レビュー

Chromebookのようにディスプレイを持たず、ChromeboxのようにデスクトップPCでもないChromebitの使い方は、TVに接続してブラウジングや動画視聴がメインだと思います。

そこで、動画配信サイトを閲覧するとどれくらいマシンパワーを使うのか調べてみました。

YouTubeの場合

もっともメジャーな動画サイトYouTube。動画再生すると結構CPU(RockChip RK3288C)を使います。GPUプロセスに32%、YouTubeタブに24%、Chromeブラウザに21%のパワーを割いているみたい。

test-cs10-02

一方、比較対象としてASUS Chromebook C300MA(CPU:Intel Celeron N2830)で同じ動画を見た場合は、YouTubeタブに41%、Chromeブラウザに13%、GPUプロセスに8%を使っています。

test-c300ma-02

上は、スクリーンショットを撮った瞬間の値ですが、動画全体の再生を通してChromebit CS10のCPU(RockChip RK3288C)は、Chromebook C300MAのCPU(Intel Celeron N2830)に比べてGPUプロセスの負荷が高いようです。

ニコニコ動画の場合

コメントの弾幕がCPUに負荷をかけるニコニコ動画も視聴してみました。Chromebit CS10では、Shockwaveプラグインに73%、GPUプロセスに39%、ニコニコ動画タブに31%、Chromeブラウザに25%をCPUパワーを使っています。Shockwaveプラグインが100%を超えることも散見されました。

test-cs10-03

一方、Chromebook C300MAの場合は、Shockwaveプラグインに39%、ニコニコ動画タブに18%、Chromeブラウザに15%、GPUプロセスに14%を使っているみたい。各数値は低めで安定しています。

test-c300ma-03

Amazonプライムビデオの場合

徐々に配信作品が充実しているAmazonプライムビデオ。Chromebit CS10では、プラグインに79%、Amazonタブに56%、GPUプロセスに26%、Chromeブラウザに24%をCPUパワーを使っています。
amazon-cputest-RK3288C
一方、Chromebook C300MAの場合はプラグインに51%、Amazonタブに35%、Chromeブラウザに21%、GPUプロセスに12%を使用しています。AmazonプライムビデオでもC300MA(Intel Celeron N2830)の方が各数値低めに安定しています。

amazon-cputest-N2830

Huluの場合

Chromebookでは字幕文字化け問題があるHulu。Chromebit CS10(RockChip RK3288C)ではプラグインに122%、GPUプロセスに16%、Huluタブに15%、Chromeブラウザに15%を使用しています。Huluのプラグインは負荷が高いようで、常時100%前後で推移していました。映画は長時間の視聴となるので、この負荷はちょっと心配。

hulu-cputest-RK3288K

一方、Chromebook C300MAの場合はShockwaveプラグインに77%、Chromeブラウザに11%、Huluタブに10%、GPUプロセスに8%のCPUパワーを使用しています。各数値は低めですが、HuluのプラグインはC300MAでも高負荷の結果になりました。

hulu-cputest-N2830

まとめ

4つの動画サイトを視聴した結果では、Chromebook C300MA(Intel Celeron N2830)に対してChromebit(RockChip RK3288C)は動画視聴時の負荷が高いようです。

前のレビューに書いたGoogle Octane2.0のベンチマークでは、ほとんど変わらなかった2台ですが、動画再生に関してはChromebook C300MAに搭載されているIntel Graphicsの性能が光ります。

ただ、動画再生自体は変な引っかかりもなくスムーズに再生されるので、特に気にする必要はないかもしれません。

なお、Chromebit CS10ではニコニコ動画再生時のShockwaveプラグインの負荷が高く、約5分の動画を5本連続再生をした後、本体が冷め始めた使い捨てカイロぐらいに温かくなりましたが、その熱が動画再生に影響することはありませんでした。

 - ASUS Chromebit CS10, Chromebit, Chromebook レビュー, HDMIドングル

  関連記事

Google「ChromeOS」の開発継続を明言。ASUS Chromebitが間もなく登場?!

Wall Street Journalが伝えたChromeOSのAndroid統 …

ようやくAcer Chromebook C720を買いました ― 購入レビュー

「俺が欲しいChromebook 2016」に候補として上げていた Acer C …

「ASUS Chromebit CS10」が到着。開封レビュー

米Amazon.comに注文していたASUS Chromebit CS10が到着 …

Acer Chromebook R13 購入レビュー

米Amazonで日本直送に対応した事を確認して早速ポチっていたAcer Chro …

いまさらAcer Chromebook R11を買ったワケ

Acer Chromebook R13が登場し、ASUS Chromebook …

ChromebitのCPU温度を計測する方法

スティック型PCは筐体が小さく排熱が難しいため、CPU温度が高止まりしてパフォー …

Chromebit CS10のCPU(RockChip RK3288C)温度がどこまで上がるやってみた

前のエントリーでChromebitのCPU温度をモニターする方法を書きました。せ …

ASUS Chromebit 国内販売を1月中旬開始。でも高い

ASUSがChromebitの国内販売を1月中旬から開始することを発表しました。 …

「Amazon fireTV stick」が到着。ChromeCastとの比較レビュー

AmazonのHDMIドングル型端末「Amazon TV Stick」が到着しま …

【2017年ニューモデル】ASUS Chromebook Flip C302CAを買いました ー 購入レビュー

CES2017で正式にリリースされたChromebookのニューモデル「ASUS …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です