Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

ChromebookのFile Systemへの書込み制限を解除する方法 ― Write-Protect-Screwの外し方 C300MA編

      2016/01/30

Chromebookにはセキュリティ対策の一つとしてファイルシステムへの書込みを制限する「ハードウェア書込み保護機構」があります。保護機構という大げさですが、要するに「Write-Protect-Screw」というネジが装着されている状態ではファイルシステムへの書込みができないようになっています。

今回は、ASUS Chromebook C300MAの「Write-Protect-Screw」を外してみます。

スポンサードリンク

「Write-Protect-Screw」の外し方

ASUS Chromebook C300MAの場合、電源を落とした後、底面にある11本のネジを外します。

※以下の作業をトレースし、Chromebookが文鎮化してもChrome速報は一切の責任を負いません。

c300ma-write-protect-screw-01

ネジをすべて外したら、キーボード天板と底面パネルの隙間のタッチパッド側にマイナスドライバーを差し込み、パキパキ外していきます。ASUS Chromebook C300MAの場合、底面ではなくキーボード天板を上に開いて、内部にアクセスします。

c300ma-write-protect-screw-06

左側のSDカードスロットの奥にあるネジが「Write-Protect-Screw」です。コレをプラスドライバーで外します。

c300ma-write-protect-screw-02

外しました。

c300ma-write-protect-screw-04

外したネジ。大切に保管しましょう。

c300ma-write-protect-screw-03

これでハードウェア書込み保護機構は無効化されました。

ファイルシステムへのアクセス制限の解除

ハードウェアによる書込み保護機構を無効化しただけでは、ファイルシステムに書込むことはできません。デフォルトではファイルシステムは読込のみ(Read-only)に設定されているため、これを読み書き可能に設定変更する必要があります。

とりあえずキーボード天板を外した状態のまま、USBキーボードを接続して試しました。

c300ma-write-protect-screw-05

ファイルシステムへの書込み制限解除のコマンド入力

デベロッパーモードで起動した後、[Ctrl]+[Alt]+[T]キーでターミナル画面を表示します。

その後、次のように入力してファイルシステムへの書込み制限を解除します。

fonts-01
「Successfully…」と表示されれば書込み制限の解除に成功です。

まとめ

Chromebookはセキュリティ対策の一つとしてファイルシステムの書込み制限をハード的に課しているため、フォントの追加やカスタムROMの導入をする場合は、今回紹介した手順が必要になります。
なお、ChromebookのWrite-Protect-Screwの位置は、それぞれ異なりますので注意してください。

 - ASUS C300MA, Chromebook, 使い方・豆知識

  関連記事

ChromebookでWindowsアプリを動かす方法 2 ー ExaGear Windows Emulator 編

「CrossOver for Android」というAndroidアプリを使って …

いまさらAcer Chromebook R11を買ったワケ

Acer Chromebook R13が登場し、ASUS Chromebook …

ebayで買えるChromebook【セカイモン利用】

米Amazon.comから日本に直接発送してくれるChromebook一覧でも紹 …

【米Amazon.com】 ASUS Chromebook C301SAの日本直送を開始した模様

しばらく確認をサボっている間に、ASUSのニューモデル「ASUS Chromeb …

Chromebook 国内モデルを比較してみた(2015年4月時点)

Chromebookを買おうと思い、どの端末が良いのか比較してみました。国内で販 …

【円高】米Amazon.comから日本に直接配送してくれるChromebook一覧【チャンス到来】

急速に円高が進んでいます。2015年1月末に121円水準だったドル/円相場は、2 …

【対策】Chromebookデベロッパーモードにするとメニューボタンが消える件

Ubuntuをインストールして以来、デベロッパーモードでChromebookを起 …

Chromebookのデータ通信量を半分に抑える方法

格安SIMを使ったオンライン環境下でのChromebookのデータ通信量の目安を …

Chromebookで画像サイズを一括変換する方法 ― WEBサービス「Bulk Resize Photos」の使い方

ブログの更新にChromebookを使っていて一番困ることは、画像サイズの一括変 …

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

Chromebookをビジネスで使う場合、ファイル共有をGoogleドライブのみ …

Comment

  1. buchi より:

    ubuntuでも同じ問題がありまして、Ubuntuではflashで使うフォントを指定する必要があった気がします。

    • chromesoku より:

      >buchiさん

      コメントありがとうございます。
      Chromeの場合、フォント設定のSans-Serifの項目で選択されているフォントがflashで使用されるフォントになるようです。
      早速試してみたのですが、残念ながらHulu字幕の文字化けは解消されませんでした。

  2. (´・ω・`) より:

    自分もWrite-Protect-Screwを外そうとしましたが
    硬すぎて回りません(´・ω・`)
    個体差があるんですかね…..

    • chromesoku より:

      >(´・ω・`)さん

      個体差があるんですかね?
      僕のC300MAはすごく弛かったんですけど。

      • (´・ω・`) より:

        自分のc300maはガチガチに締められていました。(´・ω・`)
        ネジ穴も潰れてしまいましたし…
        諦めるしかなさそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です