Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

ミッドレンジChromebookのベストバイはコレだ!― ASUS C302CAとAcer R13、Samsung Plus 使用後の比較 ―

      2017/04/25


Acer Chromebook R13を入手してから1ヵ月近くが経過しました。この期間中は、Chromebookのミッドレンジに位置するASUS Chromebook C302CAとSamsung Chromebook Plus、Acer Chromebook R13の3台を交互に使ってきました。そして、中価格帯に位置するChromebookのうち、最も良いといえるモデルはAcer Chromebook R13だという結論に至りました。

ただし、据え置き使用が前提。

スポンサードリンク

使用してわかった3台の違い

ASUS C302CAとSamsung Plus、Acer R13は、いずれもアルミニウム製ボディを持ち、販売価格も400~500$の価格帯にあるので購入に際して比較される方もいらっしゃるかもしれませんが、この3台は使い心地がまるで違います。

モバイル性能

モバイル性能については、ボディサイズや重量のスペックを比較すればわかりますが、Samsung Chromebook Plusの圧勝です。1.08kgと軽くコンパクトなので、出掛ける時は迷わずこのモデルを選びます。ASUS Chromebook flip C302CAも1.2kgと十分軽く、11.6インチサイズのChromebookと同等のボディサイズで良いのですが、別の理由(Androiadアプリ対応)で選びません。

(写真)左からAcer R13、ASUS C302CA、Samsung Plus

Acer Chromebook R13は1.49kgと重く、ボディサイズもひと際デカいので、とても持ち運びする気にはなりません。据え置きを前提とした使用が適当でしょう。

Androidアプリ対応

ChromeOSアップデート(OS56へのアップデート)によりGooglePlayストアの使用が面倒になってしまったASUS Chromebook flip C302CA。Stableチャンネルで使えるものの、2017年4月16日現在、コマンド入力が必要となり、気軽に使えなくなっています。おそらく、x86系のCPUであるIntel Core M 6Y30を搭載していることに関係がありそうです。

一方、ARM系CPU搭載のSamsung Chromebook PlusやAcer Chromebook R13では、Androidアプリがネイティブ動作するので、Androidアプリの使用を前提するなら、この2モデルの選択が無難です。

処理能力

WEBブラウジング等の基本動作での快適性は、CoreM搭載のASUS Chromebook Flip C302CAが突出しています。Google Octane2.0ベンチマークでも2万超のスコアとなっており、全ての動作に余裕があります。しかし、Androidアプリ対応に難があるので宝の持ち腐れ状態です。

ここで健闘しているのは、MediaTek製のARM系CPUを搭載しているAcer Chromebook R13です。Google OctaneベンチマークはCoreMの半分の1万超のスコアに留まりますが、体感的にはASUS Chromebook C302CAと大差ありません。Androidアプリも動作するので、アプリの使用頻度が高く、かつ快適な動作を望むならAcer R13が最適でしょう。

一方、同じARM系CPUのOP1を搭載しているSamsung Chromebook Plusの処理能力はR13ほど高くありません。体感的には下位ランクのChromebookと同じような感じです。

(写真)左からASUS C302CA、Acer R13、Samsung Plus

インターフェイス

ASUS Chromebook Flip C302CAとSamsung Chromebook Plusの外部装置との接続インターフェイスは、USB Type-Cのみです。まるでMacbookのような割り切りです。USB Type-Cは、急速充電やディスプレイ出力、高速データ転送などの多機能を備えた優れた規格ですが、まだまだ旧規格(Type-A)のUSB端子を備えたUSBメモリやケーブルはたくさんあります。

USB Type-CからType-AやHDMI端子等への変換アダプタやドックを購入すれば済む話ですが、本体に各種ポートがついている方が変換アダプタがなくて困ることもありません。日常的に利用するPCは「困らない」ことが重要ですので、規格の過渡期にある現時点では、USB Type-Cに加えて、Type-AやHDMI端子のあるAcer Chromebook R13が一歩リードしています。

(写真)上からSamsung Plus、ASUS C302CA、Acer R13

入力装置という意味でのインターフェイスでは、Samsung Chromebook Plusのみスタイラスペンが付属しています。残念ながら、iPad ProとApple Pencilのような完成度にはありません。僕の場合、使うときもありますが非常に低頻度です。

バッテリー性能

ASUS Chromebook C302CAとSamsung Chromebook Plusのバッテリー駆動時間は約10時間です。一方、Acer Chromebook R13は約12時間です。この2時間は地味に大きく、使おうとした時のバッテリー残量のせいでR13の使用頻度が上がっている気がします。

トータル評価

Androidアプリへの対応、満足できる処理能力、インターフェイスの充実などから、ミッドレンジのChromebookのなかで最も快適に日常利用できるモデルはAcer Chromebook R13と感じます。

ただし、モバイル用途には適していないので、モバイル用途を重視される人は、Androidアプリの利用の有無や処理能力を重視するかどうかによって、Samsung Chromebook PlusかASUS Chromebook C302CAを選択すれば良いでしょう。僕の場合は、Androidアプリをわりと利用しますし、軽量コンパクトなSamsung Plusを持ち歩く場合がほとんどです。ただ、ASUS Chromebook C302CAのAndroidアプリ対応が完全になれば、C302CAを主に使うことになりそうです。

まとめ

モバイル用途を重視するなら、5月に噂されているASUS Chromebook Flip C100PAの後継機の発表を待った方が良いでしょう。自宅や事務所での据え置き使用であれば、Acer Chromebook R13を購入して後悔することはないと思います。

 - Acer Chromebook R13, ASUS Chromebook Flip C302CA, Chromebook, Chromebook レビュー, Samsung Chromebook Plus

  関連記事

ファイルマネージャーにDropboxやOneDriveをマウントできるChromeアプリ「File System for ChromeOS」がすばらしい!

Chromebookは基本的にデータ管理をクラウドで行うように設計されています。 …

Chromebookで電子書籍を読む方法2 ― Kindle for PC 編

ASUS Chromebook flipが結構売れているようですね。タブレットに …

Chromebookで電子書籍を読む方法 ― Kindle Cloud Readerとおすすめマンガ

ASUS Chromebook flipやAcer Chromebook R11 …

Chromebook リカバリメディアの作り方

ASUS Chromebook C300MAが到着して、真っ先にリカバリメディア …

俺が欲しい Chromebook 2016

今年はChromeOS端末を3台も買ってしまいました。ASUS Chromebo …

HPからハイスペックなChromebook「Chromebook 13 G1」が登場

2016年4月28日にHPがChromebookのニューモデル「HP Chrom …

Chromebook 日本国内モデルの比較(2015年10月現在)

本日(2015年10月3日)、ASUSがChromebook flipの日本国内 …

SSDを換装できるChromebook一覧

Chromebookのほとんどの機種の記憶装置は、マザーボードに直付されたeMM …

2in1スタイルのAcer Chromebook R11 が米国Amazonに登場。ASUS Chromebook Flipとの比較

Acerの新型Chromebook「Chromebook R11」が米国のAma …

Acer Chromebook R13 購入レビュー

米Amazonで日本直送に対応した事を確認して早速ポチっていたAcer Chro …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です