Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

【対策】Chromebookデベロッパーモードにするとメニューボタンが消える件

      2015/06/17

google_dev_launcher0
Ubuntuをインストールして以来、デベロッパーモードでChromebookを起動し続けています。croutonを利用した仮想環境は通常モードで起動してしまうと、せっかくインストールしたUbuntu環境が消えてしまうので、これからもずっとデベロッパーモードですよ。

で、何気に不便なのが、通常モードにはあったメニューボタン(上写真)が、デベロッパーモードでは表示されない点。

デベロッパーモードでは、メニューボタンがあった位置に「ランチャー」が陣取り、クリックすると検索ウィンドウと最近使ったアプリが表示(下写真)されます。

google_dev_launcher

最近使ったアプリは4つしか表示されないので、その他のアプリ・拡張機能を使う場合は、一番右のすべてのアプリボタンを押してアプリ一覧を開く必要があります。

これが、一般モードのメニューボタンから探すのに比べると、カーソル移動が多くて不便なのです。

スポンサードリンク

アプリボタンの代替方法

そこで2つの方法で対策しましたので、紹介します。

1. よく使うアプリ・拡張機能はシェルフに追加

Chromebookにおいて「シェルフ」というのは、画面下のアイコンが並んでいる部分のこと。ここによく使うアプリや拡張機能のアイコンを追加します。

ランチャーボタンをクリックして表示される画面の「すべてのアプリ」をクリックし、アプリ一覧を開きます。よく使うアイコンの上で右クリックするとメニューが表示されるので、その中の「シェルフに固定」をクリックします。

google_dev_launcher2

すると、画面下のシェルフにアプリ・拡張機能のアイコンが追加されます。

google_dev_launcher3

次から起動するときは、このアイコンをクリックすればOKです。カーソン移動が少なくて楽ですよ。

2. Chrome拡張機能「Black menu for Google」をインストール

アイコンをシェルフに追加しすぎると、下写真のようにアイコンをまとめられてしまいます。

google_dev_laucher4

見方によっては一般モード時のメニューボタンの復活ですが、なんか使いにくい。

シェルフに表示するアイコンは、本当によく使う機能だけに限定して、Google関連のアイコンはまとめてしまいたいと考えていたところ、ありました「Black Menu for Google」というChrome拡張機能。

Chromeウェブストア ― Black Menu for Google

blackmenu_google1

Chromeウェブストアにアクセスし、「Chromeに追加」ボタンを押して追加します。

インストールが完了すると、ブラウザの右上に「Black Menu for Google」のアイコンが追加されます。

アイコンをクリックすると、Google関連メニューがズラリ。これな便利。

blackmenu_google2

まとめ

Chromebook標準「シェルフに追加」は地味に便利。

メニューボタンはWindowsっぽいUIだったけど、シェルフはMacOSっぽい。

 - Chromebook, 使い方・豆知識

  関連記事

ChromeOSでのAndroidアプリのCPUとメモリ使用状況 ― Chromebook flipの場合

Chromebook flipでAndroidアプリを動作させた時のCPUとメモ …

デュアルブートしたUbuntuの動作を軽快にする小技

「Crouton」を使ってデュアルブートしたUbuntuを使っていると、動作が遅 …

ChromebookにAndroidアプリとGoogle Playストアがやってくる!

2016年5月19日、GoogleはChromebook向けにAndroidアプ …

Chromebookに自動ログインする方法 ― Smart Lock for Chromebook

Chromebookのログイン時にはGoogleアカウントのパスワードの入力が必 …

Chromebookで株取引はできるのか?試してみた

Chromebookの購入を検討されている人の中には、株取引に使おうと考えている …

Chromebookの搭載CPUベンチマーク一覧

軽量LinuxディストリビューションのChromeOSは高いCPUパワーを必要と …

【続報】ASUS Chromebook C301SA のデザイン【金属仕上げ】

8月20日のエントリーでASUSのニューモデル「ASUS Chromebook …

Chromebookでゲームパッド「Logicool F310r」を試してみた

ChromebookはWEB用デバイスであり、ゲーミングデバイスではありません。 …

いまさらDell Chromebook 11(2014モデル)を買いました。購入レビュー

先日の楽天セールで特価だったDell Chromebook 11を購入しました。 …

日本エイサー Chromebook 2製品の国内販売を準備中?

2016年11月、ChromeOS搭載4製品を国内リリースした日本エイサーが、さ …

Comment

  1. ito より:

    はじめまして。
    先日chromeboxを購入し今日使い始めたものです。
    ところが、ふとメニューボタンが消えているのに気が付きました。
    そこで検索してるうち、ここにたどり着きました。
    なぜ「虫眼鏡アイコン」に変わってしまったか分かりませんが、元のアプリリストアイコンに戻したいと思っています。設定を変えた覚えはなく、メモリを増設したくらいです。
    もしアイコンの戻し方をご存知でしたら教えてもらえないですか?よろしくお願いします。

    • chromesoku より:

      itoさん、はじめまして。

      「アプリランチャー・アイコン」から「虫眼鏡アイコン」に変わった件について。
      この記事はデベロッパーモードにすると変わると思い書いたのですが、どうやらChromeOSのバージョンアップに伴う仕様の変更のようです。

      おそらく、itoさんが購入されたChromeboxは古いバージョンのChromeがインストールされていた時期の製品で、起動後、自動アップデートによって最新のChromeになったものと思われます。
      このため、アイコンの戻す方法はないと思います。

      お役に立てずスミマセン。

      • ito より:

        そうなんですか、バージョンアップによる変更だったんですね。
        安心できました。ありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です