Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

Chromebookのデータ通信量を半分に抑える方法

      2015/06/17

weightscale格安SIMを使ったオンライン環境下でのChromebookのデータ通信量の目安を前のエントリーで書きました。

ぷららモバイルLTE無制限のように通信量の上限がないプランを使っていれば気になりませんが、格安SIMを使うからにはデータ通信量を出来るだけ抑えて月額利用料が安いプランを使いたいですよね。

なんと、Chromeにはデータ通信量を抑制してくれる拡張機能があるんです。これを使えば、安いプランで十分かもしれません。

photo credit: chrisphoto

スポンサードリンク

データ使用量を抑えるデータセーバー

データ使用量を抑えてくれるChrome拡張機能とは、Google謹製の拡張機能「データセーバー」です。

この拡張機能をONにしていると、アクセスしたウェブサイトをGoogleのサーバーで圧縮してデータ使用量を削減する仕組みのようです。

データセーバーのインストール

データセーバーを使うためには、まずウェブストアにある拡張機能をChromeにインストールする必要があります。

Chrome拡張機能ーデータセーバー(ベータ版)

ウェブストアにある拡張機能データーセーバー(上のリンク)にアクセスし、「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

datasaver1

「Chromeに追加」ボタンを押すと確認画面が表示されます。

データセーバーはウェブサイトを圧縮して表示するので、「アクセスしたウェブサイト上にある自分の全データの読み取りと変更」の権限を許可することになります。「追加」ボタンをクリックします。

datasaver2

ツールバーの右側に拡張機能が追加されました。

datasaver3

データサーバーのアイコンをクリックすると、データ使用量の削減状況を確認できます。

datasaver4

なお、データサーバーでは、SSL対応のページとシークレットモードのページは対象外です。

ECサイトやSNSサイトなどログインするサイトで、SSL通信によってアクセスするサイトの閲覧割合が高いと、思ったほどデータ使用量は削減されないかもしれませんね。

まとめ

自宅や事務所以外でChromebookを本気で使うなら必要となるのが通信環境です。格安SIMを使ったスマホのテザリングやWifi端末を使うことが多いはず。データーサーバーはそんな人に必須の拡張機能だと思います。

 

 - おすすめChrome拡張機能・アプリ, 使い方・豆知識

  関連記事

Chromebitをデベロッパーモードにする方法

Chromebookをデベロッパーモードにする方法は、[ESC]+[F3]キーを …

ChromeOSのウィンドウ内でUbuntuを表示する方法 ―拡張機能「crouton integration」

Chromebookでは「crouton」を利用してUbuntuなどのLinux …

Chrome拡張機能がスパイウェアの可能性!? 実態と対策

Chromebookは、ChromeOSにセキュリティ機能が含まれています。「シ …

フローチャートを作成するChromeアプリ「Gliffy Diagrams」が使いやすい!

仕事でフローチャートやダイアグラムを作成する機会は結構あると思います。Windo …

Chromebookに開発環境を実装する方法2 ― Chromebrew編

前のエントリーでchromebookに開発環境を整えてくれる「Nitrous.i …

Googleクラウドプリントの設定方法

Chromebookは、WindowsPCのようにUSB端子でプリンターに接続す …

Chromebookの壁紙をアート作品で飾る「Google Wallpaper Art」

先日、ThinkPad X240にインストールした「Cloudready」。中身 …

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

Chromebookをビジネスで使う場合、ファイル共有をGoogleドライブのみ …

デュアルブートしたUbuntuをアンインストールする方法

Croutonを利用してデュアルブートしたUbuntuなどのLinuxをアンイン …

ChromebookでFTP接続する方法

WEBサイトを作成しているとFTP接続でファイルをアップロードする機会があります …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です