Chromebook Linux デュアルブート おすすめChrome拡張機能・アプリ

Chrome拡張機能「crouton integration」を無効化する方法

投稿日:

kindle_crouton_integrationcroutonを利用してインストールしたUbuntuやDebian、Kaliをchromeブラウザのウィンドウ内で表示することができるchrome拡張機能「crouton integration」。便利ですがマシンパワーを要求するため、BayTrailやRockChipでは動作が重い印象があります。
以前のエントリーでcrouton integrationをインストールする方法を書きましたが、今回はこれを無効化する方法を紹介します。

スポンサードリンク

crouton integrationの無効化

「crouton integration」を有効化した状態では、デュアルブートしたLinuxを表示するターゲットが「xiwi」に設定されています。これを元通り([Ctrl]+[Alt]+[←]or[→]による切替)にするには「x11」に変更してやるだけです。

[Ctrl]+[Alt]+[T]キーでターミナル画面を表示し、次のコマンドを入力します。

remover-crouton-integration

なお、「-r」オプションの「trusty」はChromebookにインストールしてあるLinuxディストロビューション、バージョンのコード名称を入力してください。

(参考)crouton 「-r」オプション一覧

Linuxディストロバージョン[-r] オプション
Ubuntu12.04LTS-r precise
14.04LTS-r trusty
Debian7.0-r wheezy
8.0-r jessie
9.0-r stretch
10.0-r sid
Kali2.0-r sana

 

処理が完了すれば、「crouton integration」は無効化されています。拡張機能「crouton integration」が必要なければ、chromeから削除しても問題ありません。

処理完了後に「sudo startunity」なり「sudo startxfce4」なり、デュアルブートしてある各Linuxディストリビューションに合わせて起動コマンドを入力すれば、全画面でLinuxが表示されます。

remove-crouton-integration-02

まとめ

「crouton integration」はintel Celeron N2840やN2830、RockChipRK3288Cでは動作が重いので止めた方がいいでしょう。

-Chromebook, Linux デュアルブート, おすすめChrome拡張機能・アプリ

Copyright© Chrome速報 , 2019 All Rights Reserved.