Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

2in1スタイルのAcer Chromebook R11 が米国Amazonに登場。ASUS Chromebook Flipとの比較

   

Chromebook-R-11-480x360
Acerの新型Chromebook「Chromebook R11」が米国のAmazon.comで予約が始まっているようです。

今年6月のエントリーでお伝えした「Acer Chromebook C738T」とほぼ同じ仕様なのでコレなんでしょうね。噂どおり液晶が360度回転するノートPCとタブレットの2in1スタイルです。

日本への発送にも対応しており、発送費用込で$322.35(約 40,000 円)となる見込み。価格や形状が、日本国内で発売されたばかりのASUS Chromebook flipと思いっきり被っています。

スポンサードリンク

ASUS Chromebook flipとの比較

まずはスペック比較です。

 Acer Chromebook R11ASUS Chromebook Flip
CPUIntel Celeron N3150Rockchip
RK3288C
メモリ2GB2GB
4GB(法人モデル)
ストレージ32GB16GB
ディスプレイ11.6インチ
IPS液晶
(タッチあり)
10.1インチ
IPS液晶
(タッチあり)
画面解像度1366×7681280×800
グラフィックアクセラレータIntel HD GraphicsMail-T764
インターフェイスUSB3.0×1
USB2.0×1
SDメモリカード×1
HDMI×1
microHDMI×1
USB2.0×2
SDメモリカード×1
ワイヤレスIEEE802.11
ac/a/b/g/n
Bluetooth 4.0
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
入力装置キーボード
タッチバッド
タッチパネル(10点マルチタッチ)
キーボード
タッチバッド
タッチパネル(10点マルチタッチ)
バッテリー
最大駆動時間
3220 mAh
9.5時間

9時間
サイズ高さ 20.3mm
幅 294.6mm
奥行 203.2mm
高さ15.6mm
幅262.8mm
奥行182.4mm
重量1.25kg890g

Acer Chromebook R11ASUS Chromebook flipの大きな違いは、CPUとディスプレイサイズ、重量です。

CPUの比較

ASUS Chromebook flipがARM系のRockchip RK3288を搭載しているのに対して、Acer Chromebook R11はIntel Celeron N3150です。Celeron N3150はIntel Atom系のCPUで、従来モデルに搭載されているN2840やN2830よりもグラフィック性能が向上しています。

一方、RK3288はIntel Atom3735FといったAtom下位モデルよりは性能が高いようですが、N3150と直接比較できるようなベンチマーク結果がありません。

おそらく使用上の差はそれほどないでしょう。

ディスプレイサイズ・重量の比較

ASUS Chromebook flipは10.1インチですが、Acer Chromebook R11は従来モデルと同様11.6インチディスプレイを搭載しています。どちらもIPS液晶を搭載している点は、液晶の品質が悪かったChromebookには喜ばしいことですね。

ASUS Flipがタブレットスタイルを重視したディスプレイサイズである一方、Acer R11はノートPCスタイルが基本で、タブレットスタイルにもなりますよという印象ですね。

これは重さにも表れていて、ASUS Flipはキーボード込で890gと非常に軽量です。iPadやAndroidタブレットでもキーボードをつけるとこれくらいの重量にはなります。一方、Acer R11はノートPCと変わらない1.25kgであり、タブレットとして使うには少々重いでしょう。

まとめ

Acer Chromebook R11は、従来モデルのようなノートPCスタイルのChromebookを欲しい人にとっては良い選択肢だと思います。CPUはBraswell世代となりグラフィック性能は強化されていますし、IPS液晶も搭載されています。

一方、タブレットスタイルのChromebookが欲しい人にとっては、既に日本国内で発売されているASUS Chromebook flipの方が良いでしょう。軽量・コンパクトで持ち運びがしやすいはずです。

ただ、ChromeOSはタッチ画面で使うために最適化されたOSではありません。Windows7をタッチ画面で使用するようなものなので、使いにくいはずです。Windowsがタッチ操作を前提としたWindows8や10に進化したように、ChromeOSが進化するまではタブレット・スタイルは結局使わなくなるような気がします。

でも、艦これマシンとして使うならありでしょう。

 - Chromebook, ニュース

  関連記事

ASUS Chromebook C300MAを買ってみた。購入レビュー

はじめてのChromebookとして、ASUS Chromebook C300M …

【続報】ASUS Chromebook C301SA のデザイン【金属仕上げ】

8月20日のエントリーでASUSのニューモデル「ASUS Chromebook …

Chromebookにフォントをインストールする方法

Chromebookで使用できるフォントは、基本的にデフォルトでインストール済み …

Chromebookでゲームパッド「Logicool F310r」を試してみた

ChromebookはWEB用デバイスであり、ゲーミングデバイスではありません。 …

ChromebookにGalliumOSをインストールする方法

Chromebookに最適化されたLinuxディストリビューション「Galliu …

ようやくAcer Chromebook C720を買いました ― 購入レビュー

「俺が欲しいChromebook 2016」に候補として上げていた Acer C …

Chromebookを有線LANに接続する

いまどき無線LANがない環境は稀だと思いますが、企業によってはセキュリティ上の理 …

Googleクラウドプリントの設定方法

Chromebookは、WindowsPCのようにUSB端子でプリンターに接続す …

Chromebookで株取引はできるのか?試してみた

Chromebookの購入を検討されている人の中には、株取引に使おうと考えている …

東芝製Chromebook2のニューモデルが10月に登場するみたい

シンプルなデザインで好評の東芝製Chromebook2のニューモデルが10月に登 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です