スティック型PCのスペック一覧とおすすめ機種

Amazon.co.jp(一部Amazon.com)で購入できるスティック型PCスペックを比較します。その後、おすすめ機種を紹介します。

スポンサードリンク

スティック型PCのスペック一覧

写真機種OSCPUメモリ(上段)
ストレージ(下段)
インターフェース冷却

レビューを見る
Intel
Compute Stick
BOXSTCK1A32WFCR
Windows8.1
Windows10
Ubuntu
Intel
Atom Z3735F
4core/1.33GHz
2GB(1GB)
32GB(8GB)
※()はUbuntuモデル
USB 2.0×1
microUSB×1(電源)
HDMI×1
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
ファン

レビューを見る
マウスコンピュータ
m-Stick
MS-NH1
Windows8.1Intel
Atom Z3735F
4core/1.33GHz
2GB
32GB/64GB
USB 2.0×1
microUSB×1(電源)
HDMI×1.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
microSDカードリーダー
ファンレス

レビューを見る
マウスコンピュータ
m-Stick
MS-PS01F
Windows8.1Intel
Atom Z3735F
4core/1.33GHz
2GB
32GB
USB 2.0×1
microUSB×1(電源)
HDMI×1.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
microSDカードリーダー
ファン

レジューを見る
レノボ
ideacentre
Stick 300
Windows8.1Intel
Atom Z3735F
4core/1.33GHz
2GB
32GB
USB 2.0×1
microUSB×1(電源)
HDMI×1.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
microSDカードリーダー
Bluetooth4.0
SDカードリーダー
ファン

レビューを見る
ドスパラ
Diginnos Stick
DG-STK1B
Windows10Intel
Atom Z3735F
4core/1.33GHz
2GB
32GB
USB 2.0×1
microUSB×1(電源)
HDMI×1.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
microSDカードリーダー
Bluetooth4.0
SDカードリーダー
ファンレス
メタルボディ

レビューを見る
ドスパラ
Diginnos Stick
DG-STK2F
Windows10Intel
Atom Z3735F
4core/1.33GHz
2GB
32GB
USB 2.0×1
microUSB×1(電源)
HDMI×1.0
802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
microSDカードリーダー
Bluetooth4.0
SDカードリーダー
ファン

レジューを見る
ASUS
Chromebit
CS10
ChromeOSRockChip
RK3288C
4core/1.83GHz
2GB
16GB
USB 2.0×1
HDMI×1.0
DC×1
802.11ac/a/b/g/n
ファンレス

スティック型PC おすすめの一本

僕はASUS Chromebit CS10を購入しました。スティック型PCの多くがWindows搭載モデルのなか、GoogleのChrome OSを搭載した異色のモデルです。

なぜ異色モデルを選んだのか?確かにIntel Compute StickなどWindows搭載モデルの人気はありますが、既存のスティック型PCの性能と使い方を考えると、Chromebitがベストだと考え、選択しました。

Windows搭載スティックPCの性能の低さと使用用途

Windows搭載スティックPCの既存モデル(2015年12月現在)は、CPUにIntel Atom Z3735Fを搭載しています。一昔前のAtom系CPUから性能は向上していますが、それでも性能は高くありません。

ほぼ同性能のCPU Intel Atom Z3740を搭載したASUS VivoTab note 8で、WEBブラウザーベースのベンチマークGoogle Octane2.0を測定した結果が下の写真です。ベンチマークスコアは「4416」となっています。

octanescore-vivotab8

一方、ASUS Chromebit CS10(CPU RockChipRK3288C)で同じベンチマークテストを実施した結果が下の写真です。Intel Atom Z3740を搭載したVivoTab note 8の約1.7倍のスコア「7365」をマークしています。

Chromebit-Octane 2

スティック型PCの用途を考えると、WEBサイトの閲覧動画の視聴艦これ等のブラウザーゲームなどブラウザーでの利用がほとんどです。

このため、Google Octane2.0で高スコアを出したChromebitの方がはるかに快適に使用することができます。

Chromebitはウィルス対策不要

WindowsPCをインターネットに接続する場合、ウィルス対策は必須です。しかし、タダでさえ性能の低いスティック型PCでセキュリティ対策アプリを稼働させることは結構な負荷であり、処理速度を低下させてしまいます。

一方、Chromebitに搭載されているChromeOSは、最新のセキュリティ修正の自動更新、サンドボックス、確認付きブートなどによりセキュリティ対策を施されているため、ウィルス対策ソフトが不要です。CPUパワーが余計な処理に割かれることはありません。

(参考)Chromebookのセキリュティ − Google Chromebook ヘルプ

快適にブラウジングすることができます。

Chromebitでもマイクロソフトオフィスのファイルを作成可能

スティック型PCでWordやExcel、パワーポイントなどMS Officeを使用される人もいるかもしれません。ChromeOSを搭載したChromebitでは、残念ながらMS Officeは動きませんが、GoogleドキュメントやOffice Onlineを利用することで、マイクロソフトオフィスのファイルを作成、編集することができます。

(参考)ChromebookでマイクロソフトOfficeファイルを編集する方法

もちろん、Officeの機能をフルに活用したいのであれば、Windows搭載スティックPCでなければなりませんが、それならばオフィスをより快適に利用できるよう上位CPUを搭載したノートPCを購入した方が良いでしょう。

結論

スティック型PCの持つ性能と使用の用途を考えれば、ChromeOSを搭載したChromebitの方がWindows搭載スティックPCよりも快適に使用することができます。特に、PCの用途がほとんどブラウジングだという人なら、Chromebit CS10はおすすめです。

ASUS Chromebit CS10は、2015年12月現在日本国内では販売されていませんが、米Amazon.comから購入することができます。

なお、CPUのサラダ油冷や水冷による熱対策やオーバークロックなどマニアックな遊びのために、スティック型PCを購入される層は、素直にWindows搭載スティック型PCを買いましょう。

 

2015年12月14日

Copyright© Chrome速報 , 2020 All Rights Reserved.