AMD Chromeからの脱線話

AMD Athlon5350 自作PCに「玄人志向 RD-R7-360E-E2GB-JP」を装着した話

投稿日:2016年5月7日 更新日:

R7-360E-box今回のエントリーはChromebookからの脱線話
500円マザーボードの入手をきっかけに組み立ててしまったAMD Athlon 5350マシン。Chromeブラウザの複数タブを一斉に開くと描画が固まってしまうなど低電圧CPUらしい挙動があります。

もうちょっと何とか出来ないかとググっていると、グラボを挿すとマシになるらしいのでグラフィックカードを調達しましたよ。

スポンサードリンク

購入したグラフィックボード

AMD Socket AM1をサポートしているマザーボードにある拡張スロットは、形状こそPCI Express x16ですが、性能はPCI Express 2.0 x4であり、x16に比べて伝送速度が制限されています。あまり高性能なグラボを買ってもボトルネックが発生して意味がなさそうです。

なので、安価なもので良いと思ったのですが、低消費電力設計補助電源不要という点が低電圧版Athlonとピッタリと感じ、AMD Radeon R7 360E搭載の「玄人志向 RD-R7-360E-E2GB-JP」を購入しました。
R7-360E

グラボの装着

そんな訳で早速グラボをマザーボードに装着します。僕が使っているSocket AM1マザーボード「GIGABYTE Micro ATX GA-AM1M-S2H」にはPCI Express x16(x4 mode)が1スロットあります。Mini-ITX規格のAM1 マザーボードにはそもそもこのスロットがないものもあるようです。

PCIex16
装着はすごく簡単。スロットにグイッと押し込んで、スロット右側のフックがカチッとかかれば装着完了です。Radeon R7 360Eは補助電源不要であるため、電源ケーブルを接続する必要はありません。あとはバックパネルの固定ビスを締めて、PCケースの蓋を閉めます。
R7-360E-on-slot
ちなみに「玄人志向 RD-R7-360E-E2GB-JP」は空冷ファンがあるため、2スロットを占用します。

ベンチマークテストの実行

グラボを装着した後、必要なドライバをインストールして再起動したら、さっそくベンチマークテストを実行してみました。テストに使用したベンチマークアプリは、3DMarkとドラクエXベンチです。

3DMarkの結果 / SCORE 648 → 3624

まずは3DMarkの結果。テストした解像度は1,280×720です。

3DMarkのスコアは内蔵GPUのR3(HD8400)が648であるのに対して、459%UPとなる3,624を記録しました。Graphic Scoreも574から5,036になるなど、グラボ装着の効果はかなりのものです。

Athlon5350内蔵GPU Radeon R3の結果

3dmark-athlon5350-20160507-default

Athlon5350+玄人志向 AMD Radeon R7 360Eの結果

3dmark-athlon5350-20160507-r7-360e

ドラゴンクエストX ベンチの結果 / 4,081(普通) → 5,893(快適)

続いてドラクエXのベンチマークソフトの結果です。テストした解像度は1,280×720。

標準画質でテストした場合、内蔵GPUでも4,081(普通)という結果でしたが、グラボ装着後は44.4%UPの5,893(快適)となりました。3D Markほど劇的な改善ではありませんが、ベンチ中の動画もスムーズに動いていたので、実感としては良好です。

Athlon5350内蔵GPU Radeon R3の結果

DQbench20160507-default

Athlon5350+玄人志向 AMD Radeon R7 360Eの結果

DQbench20160507-r7-360e
ちなみに解像度1,920×1,080、グラフィック設定を最高品質にしてもスコアは5,622とほとんど変わりません。

DQbench20160507-r7-360e-1920h

これは完全に拡張スロットの情報伝送速度がボトルネックになっている模様。4Gamer.netによるR7 360EのドラクエXベンチのスコアは、1,280×720(最高品質)で21,084、1,920×1,080(最高品質)で13,662ですからね。Athlon5350には不釣り合いな性能ということになります。

まとめ

拡張スロットの制限(x4 mode)が気になっていましたが、しっかりと効果があって満足。また、ブラウザで複数タブを開いたときの引っ掛かりも改善され、全体的にキビキビ感が出たような気も。

まぁ、R7 360Eより性能が低いグラボでも同様の効果があったかもしれませんが…

欲しかったんだから仕方ない。

-AMD, Chromeからの脱線話

Copyright© Chrome速報 , 2019 All Rights Reserved.