Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

AsRockの変態マザボ「B150M Combo-G」とPentium G4400で組んだ話 ― Pentium G4400のベンチ結果

   

pentiumg4400_1
今回のエントリーはChromebookからの脱線話

DeskMini 110に搭載するCPUとして、Core i3-6320と最後まで迷ったPentiumG4500。ここ最近、7,500円前後から9,000円くらいまで急に値上がりしているようです。その一方で、最下位グレードPentium G4400が5,700円まで値下がりしています。

あまりに安いので、後先考えずに買ってしまいました。

スポンサードリンク

マザーボードの選択

本当に安さに釣られて買ってしまったので、なるべく出費は抑えたいと思い、マザーボードは手持ちのDDR3メモリが使用できるAsRock B150M Combo-Gを選択しました。

デザインがGamingマザーのようなヒートシンクと色使いで何やら強そうなマザーボードです。

pentiumg4400_2

B150M Combo-GはDDR4とDDR3のメモリが両方使えてしまうAsRockお得意の変態マザボ。DDR3だけが使えるマザーボードなら、ASUS製やGIGABITE製で更に安いものもありましたが、将来性を考慮してコイツを選択しました。

組立

今回の組立では、CPUとマザーボード以外のパーツを以前組み立てたAthlon5350機から流用しました。

まず、PentiumG4400をマザーボードに取り付けます。

pentiumg4400_3

次に、とりあえずリテールクーラーを取り付けて、DDR3メモリを挿します。

pentiumg4400_4

あとはマザーボードをケースに取り付けて、SSDとDVDドライブ、電源とスイッチ類、グラフィックボード(R7-360E)を接続するのみ。

pentiumg4400_5

PentiumG4400のベンチマークテストの実行

組立後、とりあえずベンチマークテストを実行しました。

最初は、グラフィックボード(R7-360E)を外した状態です。PentiumG4400には、上位のPentiumG4500やCore i3に搭載されているIntel HD Graphics 530より下位グレードのHD Graphics 510が搭載されています。

Intel HD Graphics 510の性能がどれくらいあるのか気になる人もいるでしょう。

ドラゴンクエストX ベンチマーク

まずは、恒例のドラゴンクエストXのベンチマーク結果です。テストの設定はグラフィック設定「最高品質」、解像度「1920×1080」で実行しています。

PentiumG4400のベンチ結果は「2124 / やや重い」という結果になりました。上位のIntel HD Graphics530を搭載するCore i3-6320の「4548 / 普通」との性能差は大きいようです。

しかし、Intel HD Graphics 6000を搭載しているCore i5-5250U(NUC5i5RYK)の「2156 / やや重い」とほぼ同じスコアであり、コストパフォーマンスとしてはかなり高いと言えます。

PentiumG4400(Intel HD Graphics510)の結果:2124 / やや重い

pentiumg4400_hd510_dqx

Core i3-6320(Intel HD Graphics630)の結果:4548 / 普通

Deskmini-review-09

(参考)PentiumG4400+AMD Radeon R7-360Eの結果

ちなみに、Radeon R7-360Eのグラボを搭載すると「14356 / すごく快適」となりました。

4Gamer.netにおいてCore i7-6700K搭載PCでテストした結果では、「13662 / すごく快適」となっており、PentiumG4400はボトルネックになることなく、このグラボの性能を引き出していると言えそうです。
pentiumg4400_r7-360_dqx

Google Octane2.0

次に、ブラウザ上のJavascript「Google Octane 2.0」をテスト。シングルスレッド性能が大きく影響するベンチで、日常的な使用感を数値化するにはピッタリです。

結果は「33340」の高スコア。この数値はモンスターNUC6i7kykに搭載されているモバイル版4コアCore i7-6770HQの結果「34355」とほとんど変わりません。

周波数が高くシングルスレッド性能に優れるCore i3-6320のスコア「38310」には少し及びませんでしたが、5,000円台で購入できるCPUのスコアとは思えないほど高スコアです。

PentiumG4400(B150M Combo-G)の結果:33340

pentiumg4400_hd510_octane

Core i7-6770HQ(NUC6i7kyk)の結果:34355

Octane-nuc6i7kyk

Core i3-6320(DeskMini 110)の結果:38310

Deskmini-review-08

まとめ

PentiumG4400は約5,700円で買えるCPUとは思えないほど高性能です。DeskMini 110などMini-STXに搭載するなら、内蔵GPUが強力なPentiumG4500が欲しいところですが、グラボを別途搭載するつもりなら、内蔵GPUが多少弱いPentiumG4400で必要十分かもしれません。

Core iシリーズとか一般的な使用にはもう要らないんだろうな…

 - Chromeからの脱線話

  関連記事

【NUC 2台目】Intel NUC5PPYH を買った話 ― 購入レビュー

ASUS Chromeboxを見て以来、あの四角いシンプルな形が好きで、よく似た …

HDMI端子が足りない!! HDMI切替器で入力端子を増やしてみたよ

ChromebitにChromecast、Amazon fireTV Stick …

いまさらAMD Athlon5350でPCを自作してみた話【3万円自作PC】

今回のエントリーはChromebookからの脱線話。 先日、近所のケーズデンキに …

AMD Athlon5350 自作PCに「玄人志向 RD-R7-360E-E2GB-JP」を装着した話

今回のエントリーはChromebookからの脱線話。 500円マザーボードの入手 …

「Amazon fireTV stick」が到着。ChromeCastとの比較レビュー

AmazonのHDMIドングル型端末「Amazon TV Stick」が到着しま …

【NUC 4台目】Intel NUC7i7BNHを買いました ― 購入レビュー

モバイルNUCおじさん(@ragemaxさん)がNUCを捨ててDeskMini …

PC/Mac向けAndroidカスタム「Remix OS for PC」が1月12日にリリース ― 無料ダウンロード可能!

2015年10月末、ChromeOSとAndroidの統合が噂された時に注目して …

ThinkPad X250の液晶ディスプレイをFHDに換装してみた話

2016年11月に安く売っているのを見て、衝動買いしてしまったThinkPad …

kindle paperwhite マンガモデルを買いました ― 購入レビュー

先日、kindle paperwhite マンガモデルを買いました。これまでタブ …

【NUC 1台目】ChromeboxではなくIntel NUC5i5RYKを買った話 ― 購入レビュー

画像編集やFXトレードなどは複数ディスプレイ表示があるといろいろ捗りますよね。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です