Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

Chromebookにフォントをインストールする方法

   

Chromebookで使用できるフォントは、基本的にデフォルトでインストール済みのフォントのみです。でも、フォントを追加する方法が全く無いわけではありません。

今回はChromebookにフォントをインストールする方法を紹介します。

スポンサードリンク

準備

Chromebookにフォントをインストールするには、いくつかの事前準備が必要です。準備の中にはハード的なものも含まれるので注意する必要があります。

1. ハードウェア書込み制限機構の無効化

Chromebookは「Write-Protect-Screw」というネジによって、ハード的にファイルシステムへの書込みを制限しています。このネジを外さないとフォントフォルダのあるファイルシステムに書き込むことができません。

Write-Protect-Screwの外し方は次のエントリーを参考にしてください。

(参考)Write-Protect-Screwの外し方 C300MA編 ― Chrome速報

2. デベロッパーモードでの起動

Write-Protect-Screwを外した状態で起動します。この時、デベロッパーモードで起動してください。

(参考)Chromebookをデベロッパーモードにする方法 ― Chrome速報 

3. ファイルシステムへのアクセス制限の解除

デベロッパーモードで起動した後、[Ctrl]+[Alt]+[T]キーでターミナル画面を表示します。

その後、次のように入力してファイルシステムへの書込み制限を解除します。

fonts-01

4. フォントファイル(ttfファイル)の準備

次にフォントファイルを準備します。今回は「TakaoPゴシック」や「sazanamiゴシック」をインストールしてみます。それぞれ次のサイトからフォントファイルをダウンロードし、ダウンロードフォルダに展開しておきます。

(TakaoPゴシック)https://launchpad.net/takao-fonts

(sazanamiゴシック)https://osdn.jp/projects/efont/

展開したままだとフォルダ名称が長いので、展開後、フォルダ名称を「TakaoFonts」と「sazanami」に変更しておきます。

fonts-02

フォントファイルのインストール

前述の1〜4の事前準備が出来たら、いよいよフォントのインストールです。

再び[Ctrl]+[Alt]+[T]キーでターミナル画面を開き、次のコマンドを入力し、追加するフォントをフォルダ毎コピーします。sazanamiフォントの追加の場合は「TakaoFonts」の部分を「sazanami」に置換します。

fonts-03

コピーはすぐに終わるので、「ls」コマンドを使ってフォントが追加してあるか確認します。「TakaoPGothic.ttf」や「sazanami-gothic.ttf」のファイル名が確認できます。

fonts-05

続いて次のコマンドで、システムのフォントリストを更新します。

fonts-06

これでフォントファイルがインストールされました。

フォントの設定

フォントをインストールした後、そのフォントを使う設定をする必要があります。

Googleアカウントアイコンをクリックして表示されるメニューの「設定」をクリックします。

font-setting-01設定画面が表示されるので、詳細設定を表示し、「ウェブコンテンツ」の項目にある「フォントをカスタマイズ」をクリックします。

font-setting-02

フォントとエンコードの設定画面が表示されます。標準フォント、Serifフォント、Sans Serifフォント、固定幅フォントをそれぞれ設定できます。ちなみにFlashで使用するフォントは「Sans Serifフォント」のようです。

各フォント選択のプルダウンメニューをクリックすると、今回インストールしたフォント「TakaoFonts」と「Sazanami」フォントが選択できます。

font-setting-03

使用したいフォントを選択して「完了」ボタンをクリックすれば設定完了です。

おまけ:言語別にフォントを設定する方法

Chrome拡張機能「Advanced fonts settings」を使うことで言語別にフォントを設定することができます。

Chromeウェブストアにアクセスし、「Advanced fonts settings」を「CHROMEに追加」します。

(Chromeウェブストア)Advanced fonts settings

advanced-fonts-setting-01

Chrome拡張機能を追加した後、先ほどのフォント設定画面の右下にある「フォントの詳細設定」をクリックします。

advanced-fonts-setting-02

すると「Advanced Fonts Settings」の設定画面が表示されます。一番上の「Script」で言語を選択すると、その言語で使用するフォントを設定することができます。

advanced-fonts-setting-03

まとめ

Chromebookにフォントを追加したい人は、何かの文字化けを解決したいんだと思います。僕もHulu字幕の文字化けを解決したくてフォントのインストールに挑戦しました。でも…
fonts-07
Hulu字幕の文字化けは解決しなかったよ…

 - Chromebook, おすすめChrome拡張機能・アプリ, 使い方・豆知識

  関連記事

ミッドレンジChromebookのベストバイはコレだ!― ASUS C302CAとAcer R13、Samsung Plus 使用後の比較 ―

Acer Chromebook R13を入手してから1ヵ月近くが経過しました。こ …

【Chromebook 8台目】Acer Chromebook R13 購入レビュー

米Amazonで日本直送に対応した事を確認して早速ポチっていたAcer Chro …

LenovoからハイスペックChromebook「ThinkPad 13 Chromebook」が 6月に登場するみたい

CNETやAndroidCentralなど複数の海外メディアが、Lenovoがハ …

Chromebookのデータ通信量を半分に抑える方法

格安SIMを使ったオンライン環境下でのChromebookのデータ通信量の目安を …

AcerからChromebook ニューモデル「Chromebook 14 for Work(CP5-471)」が5月にリリースされるみたい。【お値段349$〜】

アルミニウムボディのChromebook 14を発表したばかりのAcerから「C …

Chromebookで株取引はできるのか?試してみた

Chromebookの購入を検討されている人の中には、株取引に使おうと考えている …

ChromebookでWindowsアプリを動かす方法 2 ー ExaGear Windows Emulator 編

「CrossOver for Android」というAndroidアプリを使って …

ChromebookにAndroidアプリとGoogle Playストアがやってくる!

2016年5月19日、GoogleはChromebook向けにAndroidアプ …

ChromebookでWindowsアプリを動かす方法 ― CrossOver for AndroidをR11で試す

2016年7月のエントリーで「CrossOver for Android」という …

ChromebookにUbuntuをインストールする方法

Javaで動作するアプリケーション(ProRealTimeチャート)をChrom …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です