Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

Chromebookに開発環境を実装する方法 ― Ruby on Rails, PHP, Python, Java, Node.jsほか ―

      2015/10/04

Ruby on railsに興味があって、croutonを使ってインストールしたUbuntu上に開発環境を整えようとしていたところ、そんなことしなくてもChromebook上で開発環境を整えてくれるchrome用パッケージドアプリがあったので紹介します。

スポンサードリンク

Nitrousパッケージドアプリのインストール

今回使ったのは、米国のNitrous.ioがクラウドから提供している開発環境アプリケーション「Nitrous」。

まず、ChromeストアのNitousのページにアクセスし、「+CHROMEに追加」ボタンをクリックし、アプリを入手します。

Nitrous-01

このアプリの持つ権限は「コピー&ペーストするデータの読み取り」のみです。「追加」ボタンをクリックします。

Nitrous-02

アプリのインストールが済んだら、早速起動してみます。アプリランチャーの「Nitrous」アイコンをクリックします。

Nitrous-03

アイコンをクリックするとログイン画面が表示されます。一番最初はユーザー登録が必要なので、「Sign Up」をクリックします。

Nitrous-04

アカウントの新規登録画面が表示されます。

上からユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し、「CREAT NEW ACCOUNT」ボタンをクリックします。

Nitrous-05

アカウントの作成が済むと、プログラミングするためのワークスペースの設定を行えます。

Nitrousでは、Ruby on Rails、Django、PHP、Python、Java、Node.jsなど多くの言語の開発環境を手に入れることができます。ワークスペースの設定では、言語を選んで「Next」ボタンをクリックします。

Nitrous-06

次の画面では、ワークスペースの名称、地域とプランの選択をし、「CREATE」ボタンをクリックします。

今回は無料プランの「STARTER」を選択しました。STARTERプランはあくまで試用目的のプランであるため、記録数が1つ、仮想環境のメモリが1GB、記憶容量は5GBまでとなります。複数のプログラムを同時並行で行うのであれば、BASIC以上の有料プランを選択する必要があります。

Nitrous-07

無料のSTARTERプランでは携帯電話番号の入力が求められます。携帯電話番号を入力し「SAVE」をクリックすると、認証コードがSMSで届きます。認証コードを入力すると、ワークスペースの設定完了です。

Nitrous-08

ワークスペースの作成にはしばらくかかります。この時は約2〜3分かかりました。

Nitrous-09

ワークスペースが完成するとプログラミング画面が表示されます。

Nitrous-10

NitrousはWebアプリケーションですが、ネットワーキングスタック、Bluetooth、USBなどネイティブのハードウェア機能にもアクセスできます。また、シェルを使うこともできます。ほとんどネイティブアプリケーションと変わりません。

まとめ

日本国内において、この分野ではCloud9 IDEの方が有名かもしれません。

Chromeウェブストア上での評価は、Cloud9が★4つ、Nitrousが★4.5つで、こちらの方がやや評価が高いようです。また、無料で使える仮想環境のスペックがCloud9がRAM512MB、Storage1GBに対して、NitrousがRAM1GB、Storage5GBと、こちらもNitrousの方が多いのでお得です。

それにしても、WindowsPCやMacに開発環境の構築をしようとすると、データベースのインストールとか、Rubyのインストールとか、エディターの設定など本当に面倒くさいですよね。この環境を自宅のデスクトップ、モバイルノートなど複数台のPCに構築するとなると、考えただけでゾっとします。

それがブラウザでNitrousに接続するだけで手に入ってしまいます。

これだけ完成度の高い開発環境がブラウザ上で実現してしまうと、PCはますますブラウザオンリーで十分ということになるかもしれませんね。

※この記事ではChromeアプリを利用した開発環境の実装方法を紹介しましたが、ChromeOS向けのパッケージマネージャー「Chromebrew」を使った開発環境を実装する方法を別記事で紹介しています。

「Chromebrew」を使った開発環境を実装する方法

 - おすすめChrome拡張機能・アプリ

  関連記事

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

Chromebookをビジネスで使う場合、ファイル共有をGoogleドライブのみ …

Chromebookの壁紙をアート作品で飾る「Google Wallpaper Art」

先日、ThinkPad X240にインストールした「Cloudready」。中身 …

ChromeリモートデスクトップでWindowsPCに接続する方法

Chromeブラウザしか使えないChromeBookですが、Chromeアプリや …

Chromebookでメディアサーバーにアクセスする方法 ― Plex編

自宅にNASなどメディアサーバーを所有しているChromebookユーザーは多い …

Chromebookで遊べる戦車(TANK)ゲーム

ガールズ&パンツァーが軽いブームですね。映画に行く前にAmazonプライムビデオ …

Chromebookにフォントをインストールする方法

Chromebookで使用できるフォントは、基本的にデフォルトでインストール済み …

フローチャートを作成するChromeアプリ「Gliffy Diagrams」が使いやすい!

仕事でフローチャートやダイアグラムを作成する機会は結構あると思います。Windo …

Chrome拡張機能「StackEdit」が文書作成用にすばらしい件

Chromebookを買ってから、ひたすらChrome拡張機能を試しています。で …

Chromeタブを指定の時間に開く拡張機能「TAB SNOOZE」が便利 ― WEBサイト巡回やToDo管理に

あとで見たい、毎日あるいは週末に見たいサイトを、ブラウザのブックマーク機能のほか …

ChromebookでRAW画像を現像できるアプリ「Polarr Photo Editor3」がすばらしい

Chromeアプリ・拡張機能には写真加工・補正アプリがたくさんあります。それらが …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です