Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

Acer Chromebook C720のSSD換装 ― Transcend MTS400 128GB

      2017/01/04

Acer Chromebook C720をせっかく購入したので、このモデルでしか出来ないSSD換装を試すことにしました。

開封して小1時間ほどしか経ってないのに保証外になった…

スポンサードリンク

Acer Chromebook C720のSSD換装手順

僕が試したSSD換装の手順を次のとおり。ネット上に転がっている情報のトレースです。

リカバリメディアの作成

換装後のSSDにChromeOSを復元するために、リカバリメディアが必要になるのでリカバリUSBを作成します。リカバリメディアの作成方法は、他のChromebookと同じ。次のページを参考にしてください。

(参考)Chromebook リカバリメディアの作り方 ― Chrome速報

初期化

次にデフォルトで装着されているSSDから個人情報等を削除するため、Chromebookを初期化します。

初期化はシェルフにあるGoogleアカウントアイコンから「設定」画面を開き、下の方にある「Powerwash」の項目で「Powerwash」ボタンをクリックします。
powerwash-01
ボタンをクリックすると再起動された後「このChrome搭載デバイスをリセットします」というメッセージが表示されるので「Powerwash」ボタンをクリックします。

powerwash-02
Powerwashするとユーザーアカウントとローカルデータが削除されるので、もし保存しておきたいローカルデータがあれば事前にGoogleドライブやUSBメディア等にコピーしておく必要があります。なければ「続行」ボタンをクリックします。

powerwash-03

これで初期化は完了です。製品出荷段階と同じ状態で再起動するので、ログインせずに電源を切ります。

SSD換装

電源を切ったら、Chromebook本体を裏返して計13本のプラス・ネジを外します。本体中央左のネジにはAcerのシールが貼ってありますが、これを剥がすと保証対象外になります。

c720-retrofit-ssd-01

保証対象外になりました。

c720-retrofit-ssd-02

ネジを外したら、マイナスドライバーを隙間に差し込み、少しずつ裏蓋を開けていきます。半分ほど空いたら、後は斜め上方向にスライドするように動かすとカパッと外れました。

赤色の枠の部分がSSDの搭載位置。M.2規格のSSDです。

c720-retrofit-ssd-03

SSDはネジ1本で外れます。

c720-retrofit-ssd-04

写真右側が標準で装着されていた「Kingston製RBU-SNS4151S3 16GB」です。左側が今回交換しようとする「Transcend MTS400 128GB」です。M.2規格は左右対称に見えますが、よく見るとピンの数が5本の側と6本の側があるので、標準品の方向と間違わないように装着します。

c720-retrofit-ssd-05

M.2スロットにスコっと差し込み、ネジを締めて装着完了です。

c720-retrofit-ssd-06

あとは裏蓋を閉めてSSD換装は終了です。

OSリカバリ

SSDを換装した後、電源を入れるとOSが見つからない(Chrome OS is missing or damaged.)というメッセージが表示されるので、先ほど作成したリカバリUSBメディアをUSBスロットに装着します。

c720-retrofit-ssd-07

リカバリUSBメディアを挿すと自動的にOSの復旧が始まります。リカバリが完了するとUSBを抜くようメッセージが表示されます。

c720-retrofit-ssd-08

USBを抜くと再起動し、製品出荷状態でChromebookが起動します。

LinuxやWindowsPCの記憶メディア交換に比べたら、スピーディーに作業が完了できます。

まとめ

これで容量128GBのChromebookの完成です。ChromeOSの場合、Google Driveにファイルを保存すると思うので、記憶容量を増やしてもあんまり意味がないのですが、デュアルブートしたLinux側からするとこれでアプリのインストール領域が増えて使いやすくなりました。

また、SSD換装後にGoogle Octane2.0ベンチマークを再計測すると、デフォルトでの測定値「10758」が「13375」に改善していました。ブラウザベースのベンチマークがSSDの転送速度の影響で改善したとは思えないので、おそらく前回測定時にバックグラウンドで何か別のプログラムが動いていたんでしょうね。

octane-c720-transcend128

 - Acer Chromebook C720, Chromebook, Chromebook レビュー, レビュー

  関連記事

ChromebookでAmazonプライムビデオを視聴してみた。字幕文字化けなし。

2015年9月24日未明からスタートした映像配信サービス「Amazonプライム・ …

Raspberry PiやPCをChromebook化する「Flint OS」をThinkPad X240で試してみた

Chrome OSのオープンソース開発バージョンである「Chromium OS」 …

ASUS Chromebook flipを買いました。購入レビュー

Androidアプリへの正式対応が最も早く実施されるモデルの1つ ASUS Ch …

Chromebookでゲーミングマウス「Logicool G300s」を多機能マウスとして試す

ゲーミングマウスと聞くとゲーマー向け商品のように思いますよね。無駄にメカニカルな …

Chromeタブを指定の時間に開く拡張機能「TAB SNOOZE」が便利 ― WEBサイト巡回やToDo管理に

あとで見たい、毎日あるいは週末に見たいサイトを、ブラウザのブックマーク機能のほか …

ChromebookにXubuntuをインストールする方法

先日、ChromebookにインストールしているUbuntuがフリーズしてしまし …

Chromebookをデベロッパーモードにする方法

Chromebookに搭載されているChromeOSは対立する2つの要件 − ( …

ChromebookにMetaTrader4をインストールする方法

モバイルPCを購入する動機が外出時のトレード環境を確保するためという人は、ソコソ …

Chromebookで視聴できる動画配信サイト一覧 ― Netflix、Amazonプライムビデオほか

NetflixやAmazonプライムビデオのサービス開始に伴い、VOD(ビデオ・ …

Chromebook リカバリメディアの作り方

ASUS Chromebook C300MAが到着して、真っ先にリカバリメディア …

Comment

  1. クロブク より:

    Asas c300 を有線で使うと言う縛りになりますが
    wifeカードが7260NGW GLPを搭載しているとこのなのでそれを引っこ抜きSSDを増設すると言うのもロマンとコスパ共に楽しそうではないですか?
    試したわけではないですが もしも増設ができるのであればコスパを考えて最強のChromebookですよね(笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です