Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

ChromeリモートデスクトップでWindowsPCに接続する方法

   

remote-desktop0
Chromeブラウザしか使えないChromeBookですが、Chromeアプリや拡張機能の充実によって、PCの一般的な範囲の使い方では不自由を感じることはほとんどありません。
でも、PCの使用目的によってはWindowsやMac向けにリリースされている専用アプリが必要なときがあります。

Windowsアプリであれば、UbuntuをインストールしてWineでアプリを動かすこともできますが、100%動作するわけではありません。

そんな時は、WindowsPCやMacにリモートデスクトップ接続して、ChromebookからWindowsPC等を遠隔操作して必要なアプリ等を使うことができます。

リモートデスクトップ

リモートデスクトップとは手元のコンピューターからネットワークで接続された他のコンピューターのGUIやデスクトップ環境を操作する技術の総称である。PC遠隔操作ソフトやリモートコントロールソフトという呼び名も存在する。

Wikipedia

スポンサードリンク

Chromebookのリモートデスクトップ接続方法

ChromebookからWindowsPCやMacにリモートデスクトップ接続するためには、接続するコンピュータにChromeブラウザがインストールされていなければなりません。それが要件となります。

では、順に接続する方法を紹介します。

リモートでアクセスするコンピュータの設定方法

まず、接続先のコンピュータ(今回のケースではWindowsPC)から、ChromeウェブストアのChromeリモートデスクトップアプリのページにアクセスします。

右上の青色ボタン「+CHROMEに追加」をクリックします。

remote-desktop1

Chromeにアプリが追加されます。Chromeアプリランチャーをインストールしている端末では、アプリランチャーを開くとChromeリモートデスクトップのアイコンが表示されるはずです。

remote-desktop1-1

ランチャーのアイコンをクリック、またはChromeウェブストアの「+CHROMEに追加」ボタンの後に表示される「アプリを起動」ボタンをクリックすると、アプリが起動します。

remote-desktop2

初回起動時のみ「続行するには、このパソコンに拡張アクセス許可を付与する必要があります。この作業は1回だけ必要です。」と書かれた承認メッセージが表示されます。「続行」ボタンをクリックします。

remote-desktop3

承認が済むと、Chromeリモートデスクトップの起動画面が表示されます。

上段の「リモートサポート」は、自分のGoogleアカウントだけでなく、他のユーザーが自分のPCを共有できるようにするためのものです。一方、下段の「マイパソコン」については、同一のGoogleアカウント内で、リモート接続が可能になっているPCにアクセスするためのものです。下段の「マイパソコン」だけの設定に留めておけば、自分以外の他のGoogleアカウントが自分のPCにアクセスすることはありません。

ここでは、マイパソコンの設定方法を紹介します。マイパソコンの下にある「利用を開始」ボタンをクリックします。

remote-desktop4

続いて「リモート接続を有効にする」をクリックします。

remote-desktop5

リモート接続を有効にするためのプログラムがダウンロードされるので、これをクリックして実行します。

remote-desktop6

セキュリティの警告が表示されますが、インストールしないとリモート接続するPCの設定が終わりませんので、気にせず「実行」ボタンをクリックします。

remote-desktop7

インストールが完了すれば、Chromeリモートデスクトップアプリの画面に戻り「OK」ボタンをクリックします。

remote-desktop8

リモート接続するPCへアクセスする時の認証を行うためのPIN番号の設定画面が表示されます。数字のみで任意の番号を設定してください。

remote-desktop9

「PIN」、「PINを再入力」に任意の数字を入力し、「OK」ボタンをクリックすると、マイパソコンの欄に、リモート接続を有効化したPCが表示されるはずです。

remote-desktop10

これで、リモート接続される側のPCの設定は完了です。

ChromeBookからアクセスする方法

続いて、リモート接続される側のPCに、ChromeBookからアクセスする方法を紹介します。

ChromeBookにも「Chromeリモートデスクトップアプリ」をインストールしておきましょう。

remote-desktop11

アプリを起動し、Chromeリモートデスクトップアプリがメニューが表示されれば、下段のマイパソコンの欄にある「利用を開始」ボタンをクリックします。

remote-desktop12

すると、マイパソコンの欄に、先ほど設定したPCが表示されているはずです。このアイコンをクリックします。

remote-desktop14

先ほど設定したPINコードを入力する画面が表示されますので、コードを入力し「接続」ボタンをクリックします。

remote-desktop13

すると、すぐに先ほどリモート接続を有効化したWindowsPCのデスクトップが、Chromebook上に表示されます。

動作は軽く、マウスクリックやスクロールに時間差はほとんど感じません。これだけのレスポンスが確保されていれば、WindowsPC上のアプリをChromebookからリモート接続して使用することも実用的といえます。

remote-desktop15

まとめ

過去にFX自動売買のためにVPSを借りてリモート接続していましたが、その時の環境よりも快適です。

Chromebookはディスプレイの解像度が低いモデルが多いので、接続先のPC画面の文字がやや潰れ気味ですが、結構使えるぞという印象。

WindowsPCやMacにリモート接続できれば、専用アプリ不足というChromeBookの弱点も補えます。また、WindowsデスクトップやVPSへの接続端末としても有効といえるでしょう。

 

 

 - Chromebook, おすすめChrome拡張機能・アプリ, 使い方・豆知識

  関連記事

Chromebookを有線LANに接続する

いまどき無線LANがない環境は稀だと思いますが、企業によってはセキュリティ上の理 …

ミッドレンジChromebookのベストバイはコレだ!― ASUS C302CAとAcer R13、Samsung Plus 使用後の比較 ―

Acer Chromebook R13を入手してから1ヵ月近くが経過しました。こ …

ChromebookをWindowsファイル共有サーバーに接続する方法

Chromebookをビジネスで使う場合、ファイル共有をGoogleドライブのみ …

ChromebookでWindowsアプリを動かす方法 2 ー ExaGear Windows Emulator 編

「CrossOver for Android」というAndroidアプリを使って …

ChromebookにUbuntuをインストールする方法

Javaで動作するアプリケーション(ProRealTimeチャート)をChrom …

【続報】ASUS Chromebook C301SA のデザイン【金属仕上げ】

8月20日のエントリーでASUSのニューモデル「ASUS Chromebook …

Chromebookでゲーミングマウス「Logicool G300s」を多機能マウスとして試す

ゲーミングマウスと聞くとゲーマー向け商品のように思いますよね。無駄にメカニカルな …

Chromebook 日本国内モデルの比較(2015年8月現在)

※この記事には新しい内容に更新した別記事があります→Chromebook 日本国 …

Chrome拡張機能「crouton integration」を無効化する方法

croutonを利用してインストールしたUbuntuやDebian、Kaliをc …

ChromebookにMetaTrader4をインストールする方法

モバイルPCを購入する動機が外出時のトレード環境を確保するためという人は、ソコソ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です