Chromebook(クロームブック)ニュースサイト

Chrome速報

ASUS Chromebook Flip C101PA を買いました ― 購入レビュー

   

2017年10月30日に発売が予定されているニューモデル「ASUS Chromebook Flip C101NA」を米Amazonから購入しました。

これでASUSから2017年国内販売される3機種(C302CA、C213NA、C101PA)をすべて購入。C300MA、C100PAを含めるとASUSのChromebook通算5台目。こんなにASUSのChromebookばかり買って何するんだ。

ASUSさん、何かくれてもイイじゃない!

スポンサードリンク

開封レビュー

同封品

まず同封品。他のChromebookと同じく、本体、ACアダプター、取扱説明書の3点のみです。

ACアダプターは、先日購入したC213NAのミッキーケーブル接続タイプと異なり、C302CAと同様のケーブル一体型のもの。このタイプの方がかさばらなくて持ち運びしやすいですよね。

本体上部

ボディは丸みを帯びた金属製ボディ。天板には「Chrome」と「ASUS」のロゴがあるのみです。

前モデルと比較しても違いはありません。全く同じ。前モデルは、プラスチック製ボディが多いChromebookにあって、金属製ボディを採用し、好評価を得ていたので変える必要がなかったのかもしれません。

本体底面

底面には4つの脚と2つのスピーカーがあります。

本体右側面

右側には、USB Type-C端子が2つ、USB Type-Aが1つ、ヘッドホンジャック、microSDスロットがあります。

前モデルと比較するとUSB Type-Aの1つとHDMI端子がType-Cに変更されたようです。ヘッドホンジャックの位置も手前から奥側に変わっています。

USB Type-Cを2つ搭載しながら、上位モデルC302CAのようにType-A端子を廃止しなかったのは賢明というか、ユーザー・フレンドリーですね。USBフラッシュメモリなどType-A端子の周辺機器を使っている人はまだまだ多いはず。

本体左側面

本体左側は電源ボタン、ボリューム調整ボタン、電源とバッテリーのインジケータLEDランプがあります。

前モデルでは、こちら側に電源の端子がありました。贅沢いうと、こちら側にもUSB Type-C端子があれば良かったです。両側にあった方が、充電時のケーブルの取り回し上便利な時があるので。

キーボード

キーボード。米Amazonで購入したUSモデルのため、英字キーボードです。キータッチは前モデルのカチャカチャしたタッチ(経年劣化かもしれません)と異なり、ソフトなものになっています。

個人的には打ちやすくて気に入っています。日本語キーボードになった時にC213NAのようにENTERキーの幅が狭くならなければイイのですが。

ディスプレイ周り

前モデル同様、ベゼルは太い。最近はスマホやタブレットだけでなく、ノートPCのディスプレイ周りのベゼルも極端に細くなっているので、余計に太く感じます。…が、ベゼルは太い方が、タブレットモードとして使う場合やディスプレイの角度を調整する時に、変な誤操作が生じなくてイイですよね。

使用感

丸1日使った印象は、C100PAからの正常進化モデルだなといったところ。

CPUがRockChip RK3288CからChromebook向けに開発されたSoc「OP1」(RockChip RK3399ベース)に強化されたことによって、動作は軽快になりました。前モデルのC100PAの動作が悪かったわけではありませんが、日本語入力・変換の遅延やスクロールのスムーズさなど全体的に動作が1段軽快になっています。

よく調整されているせいか、同じOP1を搭載しているSamsung Chromebook Plusよりも動作を軽快に感じます。

※Samsung Chromebook Plusを久しぶりに使ってみたら、調整が進んでいるようで、初期より随分スムーズに動作するようになっていますね。ChromeOSのOP1への最適化が進んでいるのかもしれません。

といっても、Core m3搭載のC302CAのようなウルトラスムーズな印象はありません。C302CAを使用しているユーザーであれば、細かいストレスは感じるかもしれません。

GoogleOctane2.0の結果

JavaScriptベンチマークのGoogleOctane2.0のベンチ結果は「8890」。Intel Celeron N3350を搭載する兄弟機C213NAの「10613」より2割弱低下していますが、実際の使用感ではほとんど変わりません。

Chromebook flip C101PAのベンチマーク結果「8890」

Chromebook flip C100PAのベンチマーク結果「6442」

旧モデルC100PAのベンチマーク結果が「6442」なので、約4割の性能向上となります。

実際の操作感では4割も差を感じませんが、複数のアプリを起動した場合などでは差が出るのかもしれません。

タッチパッド

タッチパッドの操作感は上々です。タッチパッドのサイズ自体は小さいものの、タップやスクロールの感覚は自然で、スムーズに動作してくれます。よく調整されていて、旧モデルの初期にあったのような使いにくさはありません。

GooglePlayストア

ASUS Chromebook Flip C101PAでは当然、GooglePlayストアを利用してAndroidアプリをインストールすることができます。いつの間にかGooglePlayストアのベータ表示がとれて正規版になっていますが、使えるアプリと起動しないアプリがあるのは相変わらずです。

CPUにAndroidアプリのネイディヴ動作に対応したOP1を搭載していることもあり、アプリの起動がスムーズです。例えば、Google Keepであれば、旧モデルC100PAで4〜5秒かかるところ、C101PAでは約3秒で起動します。AmazonのKindleアプリの起動も旧モデルに対して早くなっているので、アプリを多用する人はストレスが減るでしょう。

まとめ

先日購入した兄弟機C213NAはChromebookらしい1台でしたが、今回購入したASUS Chromebook Flip C101PAはChromebook入門機として最適な1台だと思います。

1. ヒットモデルのC100PAの改良版であること

旧モデルC100PAはパーソナルユースを意識したChromebookとしてヒットし、米Amazonでも長い間ベストセラーになっていました。新モデルC101PAは旧モデルの弱点だった処理能力を、Chromebook向けのSoc「OP1」の搭載によって改良しています。

評価の高かった前モデルの弱点を改良したモデルなので、購入して失敗する心配は少ないと思います。

2. 10.1インチというサイズ感

前モデルから続く10.1インチというサイズ感は、持ち運び時の優れた携帯性とキーボード入力の実用性を両立できるベストなサイズです。これ以上小さくなると、キーピッチやキーサイズに無理が生じて誤入力をしやすくなりますし、これ以上大きくなると携帯性が犠牲になります。

加えて、充電端子がUSB Type-Cになったことによって専用アダプタを持ち歩く必要がなくなり、モバイル機としてはほぼパーフェクトな端末になりました。

10インチ前後の液晶を採用したノートPCは少ない(10.8inchのSurface 3や10.1inchのASUS Transbook等)ため、所有しているWindowsノートやMacbookと使い分ける(購入のいい訳w)こともできます。

3. 安い

Chromebook現行モデルの中でも価格は安い方です。USモデルは299$、国内モデルは42,984円であり、実売3万円台での購入が可能です。

 

そんなワケで、とりあえずChromebook買うならこの1台。

 

一方、いまC100PAを使っているユーザーであれば、基本的には買い替えの必要はないと思いますが、Androidアプリの起動速度や各動作時のスムーズさなどを改善したいと感じているユーザーであれば買いでしょう。

 - ASUS Chromebook Flip C101PA, Chromebook, Chromebook レビュー

  関連記事

ミッドレンジChromebookのベストバイはコレだ!― ASUS C302CAとAcer R13、Samsung Plus 使用後の比較 ―

Acer Chromebook R13を入手してから1ヵ月近くが経過しました。こ …

フルHDディスプレイ搭載のChromebookの比較

これまでのChromebookは、コストダウンのため視野角が狭い液晶ディスプレイ …

Acer Chromebook R13 に ARM版Windows10が搭載されるみたい【表記ミス?】

2016年12月、Microsoftは中国深セン市で開催された「WinHEC S …

【Chromebook 8台目】Acer Chromebook R13 購入レビュー

米Amazonで日本直送に対応した事を確認して早速ポチっていたAcer Chro …

ChromebookのFile Systemへの書込み制限を解除する方法 ― Write-Protect-Screwの外し方 C300MA編

Chromebookにはセキュリティ対策の一つとしてファイルシステムへの書込みを …

俺が欲しい Chromebook 2016

今年はChromeOS端末を3台も買ってしまいました。ASUS Chromebo …

【続報】ASUS Chromebook C301SAのスペックほか【64GBモデルあり】

2016年5月28日のエントリーでお伝えしたASUS Chromebook C3 …

Samsungから「Chromebook Pro XE513C24-K01US」がリリースされるみたい【499$〜】

Chromebookメーカーの古参Samsungから、Chromebookのニュ …

【2017年ニューモデル】ASUS Chromebook Flip C302CAを買いました ー 購入レビュー

CES2017で正式にリリースされたChromebookのニューモデル「ASUS …

ChromebookのSDカードにLinuxをインストールする方法

Chromebookの多くの機種は記憶容量が少なく(16GB)、また記憶装置も交 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です